« 帝釈天彫刻ギャラリー | トップページ | 春日大社千年の至宝展 »

2017年2月14日 (火)

迎賓館赤坂離宮

迎賓館赤坂離宮を見学してきました。

迎賓館は通常は事前の予約が必要ですが、1月5日から2月28日までは予約なしで、当日見学料金を
払って入場することができます。(和風別館は事前予約が必要です)
又、2月14日まで「朝日の間」が特別公開されています。

写真撮影が可能な外観と、本館の中はパンフレットから一部ご紹介します。

並んで西門から本館の2階に入ります。

018  「彩鸞の間」
この部屋は来客の控えの間や晩餐会の招待客が国賓に謁見する時などに使われます。
白い天井と壁は金箔が施された石膏の鎧、兜、剣などの浮彫で装飾され、10枚の鏡が部屋を広く見せています。
左右の大きな鏡の上と暖炉の両脇に、鸞(らん)という鳥(鳳凰の一種)をデザインした浮彫があります。

023 024
東壁面  暖炉の両脇に鸞                   鎧兜とスフィンクス
壁面に花輪や月桂樹など

019  「花鳥の間」
広さが300平方メートルある大きな部屋で、主に国、公賓主催の公式晩餐会が催される大食堂です。
天井の36枚の油絵や欄間のゴブラン織り、壁面に飾られた30面の七宝に花や蝶が描かれています。
シャンデリアはフランス製で重量は迎賓館の中で最も重く、1125kgもあります。

025  七宝焼 「ジョウビタキに牡丹」 涛川惣助作
牡丹が鮮やかです。涛川惣助さんの無線七宝が30面に飾られています。

廊下を回って「彩鸞の間」の向かい側の大ホールに来ました。
ここから玄関から続く中央階段が見られます。

016  中央階段
床はイタリア産の大理石の上に赤いじゅうたんが敷かれ、階段の左右の壁はフランス産の大理石。
欄干の上に8基の黄金色の大燭台が据え付けられています。
階段下の正面玄関から階段を上がってくると2階の大ホールに着きます。

017  2階大ホール
大ホールの正面左に「絵画」、右に「音楽」と題した小磯良平の油絵がかけられています。
紫の模様が美しい8本の大きなコリント様式の円柱はイタリア産の大理石です。
(パンフレットの折り目で少し写真が歪んでいます。すみません)

020  「朝日の間」
この部屋は国、公賓用のサロンで、表敬訪問や首脳会談が行われます。
天井に大きな絵が描かれ、周囲の16本のピンクの円柱はノルウェー産の大理石です。
壁には京都西陣の金華山織の織物が掛けられ、床には桜の花を織り出した緞通が敷かれています。

2_001 2_002
「朝日の間」の天井画                      壁にある京都西陣の金華山織
朝日を背にして女神オーロラが4頭立ての白馬の     アネモネをデザイン
車に乗って天空を駆ける姿

021  「羽衣の間」
謡曲「羽衣」を描いた300平方メートルの大絵画が天井に描かれています。
最も大きな部屋で、歓迎行事を行ったり、レセプションや会議場として使用されます。
3基のシャンデリアは最も豪華なもので、およそ7000個もの部品で組み立てられているそうです。
重さは約800キログラム。壁は楽器、楽譜などをあしらった石膏の浮彫で飾られています。

2_003 022
「羽衣の間」の天井絵                       レリーフ
                                    楽器や楽譜、仮面などが組み合わされています 

素晴らしく豪華な部屋を拝見しました。名残惜しく本館を出て、庭に向かいます。

001 002
本館脇の円塔                           南面の大円柱 24本

003 004
南面                                 噴水

015  南面 外観 (パンフレット)

005 006
正面 右脇                             屋根に天球儀と金色の霊鳥

007  屋根の甲冑

008 009
正面両脇のレリーフ                       正面玄関 入口の扉の装飾

012 013
正面 門の鉄柵                          正面 外観

011  迎賓館 全景 下は和風別館

迎賓館赤坂離宮  東京都港区元赤坂2丁目1番1号
             Tel 03-3478-1111

元、紀州徳川家の江戸屋敷があったところに、1909年東宮御所として日本で唯一のネオバロック様式の
西洋風宮殿建築が建設されました。
敷地11万7千平方メートル  建坪5170平方メートル 
建物 幅125m 奥行89m 高さ23、2m
1968年から赤坂離宮を改修し、和風別館の建設と合わせて1974年に現在の迎賓館赤坂離宮が完成。
2009年、本館、正門、主庭、噴水池などが国宝に指定されました。

素晴らしい宮殿を拝見させていただきました。


























































  




« 帝釈天彫刻ギャラリー | トップページ | 春日大社千年の至宝展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迎賓館赤坂離宮:

« 帝釈天彫刻ギャラリー | トップページ | 春日大社千年の至宝展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造