« 豊川稲荷 | トップページ | 東京国立博物館・禅 特別展 »

2016年11月11日 (金)

谷中散歩

谷中を散歩して朝倉彫塑館の彫刻を鑑賞し、カヤバ珈琲でおいしいランチをいただきました。

日暮里駅から谷中に向かいます。

001 004
御殿坂にある谷中せんべい屋                雑貨屋 

005  夕焼けだんだん 36段あります
この先が谷中銀座です

006 007
谷中地ビール                           谷中銀座商店街

008  谷中銀座のアーチ

ここから夕焼けだんだんに戻って朝倉彫塑館の道に向かいます。

002  朝倉彫塑館
大分県出身の彫刻家、朝倉文夫が設計した住居とアトリエです。
朝倉家から台東区に寄贈され、国登録有形文化財ですが、現在は美術館となっています。
今、「朝倉文夫、摂、響子三人展」が開催されています。(12月11日まで)

018 019
長女、摂は日本画家から舞台美術家となり、次女、響子は彫刻家として活躍しています。

023 024
アトリエ(展示室)の彫刻

天井の高さが8、5mあります。
このアトリエの地下には、大きな作品を作るための電動昇降台の設備があるそうです。

025 026
墓守                                 時の流れ
どちらも朝倉文夫の代表作です。

022  仔猫の群

027 028
よく獲たり                              臥たるスター
ネズミを捕らえたところでしょうか
以上いずれも朝倉文夫の彫刻です。
朝倉摂の日本画(百合図など)、朝倉響子の彫刻(NIKEなど)も展示してありました。                

020 021
朝陽の間                             庭が見事です

003  屋上菜園
朝倉文夫は屋上に菜園を作り、塾生の園芸実習の場としました。

朝倉彫塑館の先に行きます。

012 010
観音寺の門                            観音寺 本堂

011  赤穂浪士の供養塔

さらに進んで言問い通りに接するところに旧吉田屋酒店があります。

013  旧吉田屋酒店・下町風俗資料館付設展示場
明治43年(1910年)に建てられた吉田屋酒店

014 015
帳場                                 こも樽、陶製の樽など

017  カヤバ珈琲
美味しいハヤシライスとコーヒーをいただきました。
カヤバ珈琲は前の経営者が高齢で引退され、有志の方が運営されているようです。

016  「めぐりん」台東区循環バスに出会いました

ここから東京芸術大学に抜けて、上野駅から帰りました。

心地よい谷中散歩に満足しました。











































































« 豊川稲荷 | トップページ | 東京国立博物館・禅 特別展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷中散歩:

« 豊川稲荷 | トップページ | 東京国立博物館・禅 特別展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造