« 出光美術館・東洋、日本陶磁の至宝 | トップページ | 日本橋三越本店・日本伝統工芸展 »

2016年10月 3日 (月)

東京芸術大学美術館・驚きの明治工芸

東京芸術大学美術館で開催されている「驚きの明治工芸」を見てきました。

明治時代には技巧を凝らした、細密な、写実的な工芸作品が数多く作られましたが、この一大コレクションが
台湾にあります。
今回はその「宋培安コレクション」から100件以上の名品が紹介されています。
写真撮影ができましたので、中から一部ご紹介します。

032  東京芸術大学美術館

034 035
驚きの明治工芸 チラシ                     チラシ裏

001  自在龍 宗義 鉄製 長さ300cm
首や胴、尾、足の関節などが自在に曲げられます。世界最大の自在龍です。
入口に天井から吊り下げられていました。

004 003
自在蛇 宗義 鉄 長さ208cm                蛇がとぐろを巻いたところ

005 010
自在伊勢海老 明珍清春 鉄 27cm            自在鯱 無銘 鉄 長さ52cm

006 007
鳳凰 高瀬好山 銀 長さ59cm               鳳凰下絵図 高瀬好山 紙
                                   縦38、5 横78、2cm

012 008
無弦琴 米原雲海 木製 高さ28cm             指月猿香合 藻晃 木製 15、5cm
琴に弦がありません                       猿が月を指さしています

009 011
葉上蛙 宮本理三郎 木、彩色 長さ21、7cm      蝉 竹江 羽は牛角、体は木に彩色、足は銀
                                    長さ5、5cm

002 014
色絵金彩鴛鴦置物 宮川香山 白磁、色絵         留蝉蓮葉水盤 宮川香山 青磁、色絵
幅18 高さ11、3cm                       径16、8 高さ15、1cm

013 015
染付菖蒲文花瓶 宮川香山 白磁               菖蒲文花瓶 宮川香山 青磁  
口径16、5 高さ24、7cm                    胴径15、5 高さ26、5cm

宮川香山は超絶技巧の高浮彫・高取釉渡蟹水盤(水盤の横に渡蟹2匹がついている)が有名です。
横浜に移住して眞葛焼を開き、陶磁器で輸出産業に貢献しました。

017 018
紅魚文鉢 諏訪蘇山 青磁                    蝸牛付竹花入 諏訪蘇山 竹、陶
径19、5 高さ7、5cm                      高さ36、5cm
鉢に水を注ぐと紅魚が泳いでいるように見えます。

019   黄釉牡丹文壺 三代清風与平 白磁
胴径26 高さ30、5cm
鮮やかな黄釉の下に薄肉彫りの大きな牡丹の花が見えます。

020 021
龍文壺 並河靖之 有線七宝                 秋草鶏図花瓶 涛川惣助 無線七宝
胴径7 高さ9、3cm                       胴径17、5 高さ42、8cm

022  楓林キジバト文花瓶 林小伝治 七宝
胴径10 高さ19cm

024 025
薩摩焼 送子観音花瓶 藪明山 陶、色絵          薩摩焼 竹図花瓶 周山 陶、色絵
胴径5、8 高さ12、3cm                     胴径9、5 高さ25、5cm

023 026
蒔絵螺鈿芝山花瓶 虎爪 銀、蒔絵、螺鈿          蒔絵螺鈿芝山硯屏 易信
胴径15、5 高さ24、5cm                  象牙、蒔絵、螺鈿 幅13 高さ30cm
芝山細工は石、象牙、珊瑚、貝などを使って、鳥獣、花卉、人物などをレリーフ状に盛り上げて作るものです。


027 028
三猿根付 小林盛良 金 長さ2、5cm            邯鄲夢根付 無銘 木 長さ6、2cm

029 030
厳島神社鳥居図壁掛 ビロード友禅              月下港辺図壁掛 ビロード友禅
縦68、5 横60cm                        縦58、5 横53、5cm
鳥居や船、人々、波などの景色が繊細に織り込まれています。

031  竹塗花生 二代橋本市蔵 木 変塗
口径13 高さ30、3cm
まさに竹筒にしか見えません。

これらの他、硯箱や印籠、香合、盆など130点以上の作品が展示されていました。

この展覧会は10月30日まで開催されています。

  東京芸術大学大学美術館(上野公園)
      




















 








 
































 


































« 出光美術館・東洋、日本陶磁の至宝 | トップページ | 日本橋三越本店・日本伝統工芸展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京芸術大学美術館・驚きの明治工芸:

« 出光美術館・東洋、日本陶磁の至宝 | トップページ | 日本橋三越本店・日本伝統工芸展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造