« 東京美術倶楽部・創と造2016 | トップページ | 泉屋博古館分館・バロン住友の美的生活 »

2016年5月16日 (月)

浅草三社祭、浅草散歩

浅草三社祭を見て来ました。

浅草三社祭は、5月12日に本社神輿の神霊入れがあり、5月13日に大行列、びんざさら舞奉納、
各町神輿神霊入れ、5月14日に町内神輿連合渡御、5月15日に本社神輿各町渡御が行われました。
その最終日の15日の本社神輿各町渡御を見て来ました。

三社祭りの三社の由来は、昔、漁師の檜前浜成、竹成兄弟が投網で聖観世音菩薩を救い上げ、
土師真仲知が自宅を寺として聖観世音菩薩を奉安したので、三氏を祀る三社権現社が創建された事に
よるものです。

本社神輿の一之宮には土師真仲知命、二之宮には檜前浜成命、三之宮には檜前竹成命の神霊を
お移しして渡御します。一之宮の頭には鳳凰が、他二基には擬宝珠が飾られています。

お昼に雷門通りに来ますと、すでに神輿の渡御が行われていました。

001 002
神輿渡御                              鳳凰の飾 一之宮

003  雷門 (風神、雷神門)
大提灯が縮めてあります

004 005
仲見世                                 仲見世の通りにも神輿

006  宝蔵門
仁王像、大提灯、吊燈籠があります

007 025
本堂(観音堂)                          本尊 聖観世音菩薩(パンフレット)

008 009
五重塔                               影向堂 慈覚大師円仁生誕1200年を
                                     記念して建立された

021  浅草神社 (パンフレット)

022  本社神輿 (パンフレット)

014 024
大行列 先頭はびんざさら舞(写真展)           びんざさら舞、社殿(パンフレット)
びんざさら舞(拍板舞)は、108枚の小片の板を紐で閉じた打楽器ささらを打ち合わせて、五穀豊穣を
祈る踊りで、田楽舞の一種です

015 023
浅草寺境内の神輿(写真展)                 浅草神社にお祓いを受ける町内神輿(パンフレット)

016 020
お囃子 ちなみ連                         お囃子 夢屋

017 018
子供神輿                              獅子の頭でしょうか

019  女神輿 こちらも威勢がいい

今度は少し街を散策します。

010 011
花やしき                               花やしき通り
花やしきは日本最古の遊園地で、懐かしい乗り物やアトラクションで一杯です。

012  ひさご通り

013  まるごとにっぽん
日本各地の食材や道具、生活用品などがあり、4階にはレストランもあります

浅草三社祭の本社神輿各町渡御を見物し、進化する浅草の街を覗いて来ました。













































                                 






















« 東京美術倶楽部・創と造2016 | トップページ | 泉屋博古館分館・バロン住友の美的生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草三社祭、浅草散歩:

« 東京美術倶楽部・創と造2016 | トップページ | 泉屋博古館分館・バロン住友の美的生活 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造