« 安芸の宮島・厳島神社 参拝 | トップページ | 諏訪大社の御柱祭・上社の木落し »

2016年4月 1日 (金)

萩城下町と角島、門司港散歩

萩の石見空港から津和野に寄り、萩城下町を散策して、角島灯台、門司港レトロを見物して来ました。

津和野は島根県なのですが、萩城下町と一緒に見ることが多いようです。
001  津和野の町並み
石畳の通りが200m続きます。 武家屋敷となまこ壁がいい感じです。

002  掘割にはメタボな鯉が沢山います

2_001  沙羅の木工房店でお土産の源氏巻を買いました

003_2  鷺舞の像
町はずれに鷺舞の像があります。神事舞として京都より移し、此処の神社に奉納されました。

次に萩城下町に向かいます。

016 012
菊屋横丁                               菊屋家の庭

菊屋は代々毛利藩の御用達を勤める豪商で、約400年の歴史があります。
屋敷は本陣として宿泊所になり、又、役所など藩の御用に借り上げられていたので、丁寧に屋敷、建物を
維持して来ました。最古の町屋として、母屋、本蔵、釜場、米蔵などが重要文化財に指定されています。
菊屋家住宅に入ります。

013 014
菊屋家のお店 秤や通帳など                  脇息、火鉢などのある床の間

015  雛飾り
各部屋に美術品や民具、古書籍などを展示しています。

城下町には高杉晋作の生家がありました。

017  高杉晋作の誕生地

次は松下村塾に向かいます。

027 018
松下村塾

019_2 2_002
部屋には塾生の写真                        講義室
伊藤博文、高杉晋作、山形有朋ら、そうそうたる人材が学びました。

020 023
松陰神社                                吉田松陰歴史館
吉田松陰を祭神として祀っています。

次は角島に向かいます。

011 026
バスの中から角島大橋                       ポストカードより角島大橋
本州と角島をつなぐ全長1780mの橋です。

010 009
角島灯台                               角島灯台からの眺望
日本海側では初の洋式灯台です。灯台の資料館もありました。

次は門司港レトロです。

004 007
高層ビルの31階に展望室があります              展望室からの眺望
ビルの最上部の半円形の部分はヘリポートとヘリポート消防用水槽だそうです。

005  旧大阪商船
過去には屋上から出ている塔屋が灯台としても活躍したそうです。

006  国際友好記念図書館
北九州市と中国大連市の友好都市15周年を記念して建築されました。
大連市にあるドイツ風建築を複製しました。図書は2万3千冊もあるそうです。

024  旧門司三井倶楽部
三井物産の迎賓館です。かのアインシュタインが宿泊しました。その部屋にはアインシュタインに関わる
色々な展示があります。
更に、林芙美子記念室があり、「放浪記」など、林芙美子のおもかげが展示されていました。

008  門司港はね橋
はね橋を渡って帰りました。

津和野、萩、角島、門司の散策を楽しみました。




































 











































003  町はずれに鷺舞の像がありました
神事の舞として京都より移され、此処の神社に奉納されたそうです。




« 安芸の宮島・厳島神社 参拝 | トップページ | 諏訪大社の御柱祭・上社の木落し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩城下町と角島、門司港散歩:

« 安芸の宮島・厳島神社 参拝 | トップページ | 諏訪大社の御柱祭・上社の木落し »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造