« 静嘉堂文庫美術館・金銀の系譜 | トップページ | 森美術館・村上隆の五百羅漢図展 »

2015年12月 3日 (木)

花貫渓谷、袋田の滝ハイキング

バスで茨城県の花貫渓谷と袋田の滝、龍神峡のハイキングを楽しんできました。

高萩ICで高速を降りて花貫渓谷に向かい、汐見滝吊橋から溪谷に入ります。

001 004_2
汐見滝吊橋                             橋の下で休む人も




002 
紅葉の道を歩きます                      

003_2 005
花貫川 岩が苔むしています                   

花貫渓谷を一周して次は袋田の滝へ向かいます。

大子町に入り、チケットを買って袋田の滝のトンネルに入ります。
長さ276mのトンネルの奥に滝の観瀑台があります。平成20年には、更に高い位置に第2観瀑台が
作られています。第2観瀑台へはエレベーターで昇ります。

006  エレベーターに乗る人の行列

007 008
新しい観瀑台からは袋田の滝の全景が見られます。
袋田の滝は幅73m、高さ120mもあり、4段に落下しています。別名四度の滝と言うそうです。
さすがに日本三名瀑の滝です。
第2観瀑台で十分滝を見て、エレベーターを降り、第1観瀑台に行きます。

009 010
第1観瀑台では滝が近いので大迫力です            滝壺も見られます

011 012
下から見上げて大迫力                      横からの眺め

第1観瀑台の少し先に吊橋を渡って帰る道があります。

013  滝川に架かる吊橋

014 015
第1観瀑台が見えます                      滝川

016  滝と断崖絶壁

帰りの道には土産物屋、骨董屋などが並んでいます。

017 018
骨董屋  奇怪なものが沢山あります

019  昔屋 けんちんそばやこんにゃくが食べられます

お土産を買って次は常陸太田市の龍神大吊橋に向かいます。

020 021
龍神大吊橋と溪谷

022 023
龍神大吊橋  橋脚に巨大な龍があります          展望台
橋は長さ375m、幅3m、湖面からの高さは100mあります。
この橋から龍神川に向かってバンジージャンプができるそうです。怖そうですね。

024 025
下に龍神ダムが見えます                      龍神大吊橋を戻って帰ります

紅葉はまだ少し早めだったのですが、見どころが沢山のハイキングに満足して帰りました。










































































 




« 静嘉堂文庫美術館・金銀の系譜 | トップページ | 森美術館・村上隆の五百羅漢図展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花貫渓谷、袋田の滝ハイキング:

« 静嘉堂文庫美術館・金銀の系譜 | トップページ | 森美術館・村上隆の五百羅漢図展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造