« サントリー美術館・国宝曜変天目茶碗と日本の美 | トップページ | 玉川大師玉眞院の地下霊場 »

2015年8月19日 (水)

ホテルオークラ・美の宴

ホテルオークラで開催されている「美の宴」(第21回秘蔵の名品 アートコレクション展)を見て来ました。

「秘蔵の名品 アートコレクション展」は、社会貢献活動に理解のある企業が主催し、企業、団体、個人が
所有する美術品を集めてホテルオークラで展覧会を開催しています。
これまでに50万人を超える入場者があり、約1億7千万円を寄付しています。

今回は「美の宴~琳派から栖鳳、大観、松園まで」の名品が展示されています。

チラシと図録から一部ご紹介します。

001 002
美の宴 チラシ                           チラシ裏

003 004
チラシの中折

005  喜多川歌麿 「三美人」 肉筆浮世絵
(海の見える杜美術館蔵)
三人の芸者が三味線の稽古をしています。

006  上村松園 「舞支度」
(ウッドワン美術館蔵)
舞の支度をする女性と楽器を受け持つ女性三人

007  上村松園 「男舞之図」
(名都美術館蔵)
太刀を帯びた男装で舞う、動きのある作品です

008  竹内栖鳳 「アレ夕立に」
(高島屋史料館蔵)
だらりの帯に顔を見せない美人画です  着物や扇子が鮮やかです

009  宗達派 「扇面流図」 (重要美術品)
(大倉集古館蔵)六曲一双屏風
沢山の扇が海に漂う様子 俵屋宗達とその工房によって描かれた
閉じた扇や破れたものも描かれている

010 011
酒井抱一 「四季花鳥図屏風」 六曲一双屏風
(陽明文庫蔵)
鮮やかな四季花鳥が金屏風に精緻に描かれ、華やかな世界が広がっています

012 013
藤井松林 「百福之図」                     河鍋暁雲 「百布袋之図」
(共に宮内庁三の丸尚蔵館蔵)
お多福と布袋が百集まった縁起の良い画です お多福148人 布袋129人と唐子54人

014 015
今村紫紅 「護花鈴」 六曲一双屏風
(霊友会妙一コレクション蔵)
醍醐の花見の様子です 赤い糸に鈴を沢山結び付け、花に集まる小鳥を追い払っています
糸と鈴が見えるでしょうか

016  前田青邨 「唐獅子」 六曲一双屏風
(日本通運株式会社蔵)
鮮やかな色の、堂々とした唐獅子が描かれています


これ等の他、沢山の名画が展示してありました。

この展覧会は8月20日まで開催されています。






































  


« サントリー美術館・国宝曜変天目茶碗と日本の美 | トップページ | 玉川大師玉眞院の地下霊場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルオークラ・美の宴:

« サントリー美術館・国宝曜変天目茶碗と日本の美 | トップページ | 玉川大師玉眞院の地下霊場 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造