« 五島美術館ー瓷華明彩ーイセコレクションの名陶 | トップページ | 徳川家康公400年御遠忌の日光東照宮参拝 »

2015年7月23日 (木)

軽井沢散歩、アートとコーヒー

軽井沢の町や雲場池を散歩し、アートやコーヒーも楽しみました。

先ず軽井沢駅に近い、水出しコーヒーの丹念亭に寄りました。
ここではコーヒーを8~10時間かけて水出しします。

012 010
丹念亭  (軽井沢東4-2)                 店内に大きなストーブ

011  水出しコーヒーのサイホン
すっきりとした飲み口ですがまろやかなコクがあります。美味しいコーヒーです。

次は軽井沢草花館です。

013 022
小さな美術館 軽井沢草花館の案内(軽井沢東19-40)  軽井沢草花館のパンフレット
美術館は丁度テレビの撮影中で、外観の写真を撮ることができませんでした。
天皇、皇后両陛下がこの美術館を訪れた時の撮影の補完で取材しているとのことでした。
両陛下は4度もこの美術館に来られたそうです。

ポストカードから数点花の絵をご紹介します。

023 024
ゆうすげ                             れんげしょうま

025 026
かざぐるま                            えんびせんのう、あさまふうろ
自生している草花をそのまま描いた繊細で美しい絵です。

軽井沢草花館の絵は、石川功一さんが自ら軽井沢の野山に出かけて、自生している花をその場で
描いたものです。油彩画百数十点、水彩スケッチ3000点を70歳で亡くなるまで描き続けました。
石川功一さんのアトリエはまさに軽井沢の自然の中です。
また、油彩画はキャンバスに背景の色を何層にも重ねる独自の画法で、日本画のような繊細な
色合いを生み出しました。

次は雲場池の周遊です。

001  雲場池園地の案内

002 021
雲場池                              雲場池の四季(ポストカード)
湖面にきれいに木々が映るのですが、残念ながらこの日は小雨が降り、湖面に映っていません。

003  雲場池の最奥には小屋があります

004  雲場池から通りに戻る道に大きなシダ

ガラス工芸館に立ち寄りました。

014 015
ガラス工芸館                          ガラス皿、コップ、花瓶など

016 017
ガレのスタンドなど                       著名なガラス工芸家の馬

次は脇田美術館です。

019 018
脇田美術館 (旧道1570-4)                   展覧会の案内

脇田和展チラシから数点ご紹介します。

027 029
脇田和展チラシ 絵は「窓際の爪」                「赤い鳥」

028  裸婦習作

脇田和さんは17歳でベルリン国立美術学校に入学し、5年後には同校から金メダルを受賞します。
帰国後、太平洋画会に入選後、帝展などで入選を重ねます。
1950年代にグッゲンハイム国際美術賞を受賞。東京芸術大学教授を経て軽井沢に脇田美術館を開設。
1998年文化功労者に認定されました。

旧軽井沢銀座を歩きます。

007  旧軽銀座の商店街
平日で小雨が降っていたので比較的に空いていました。

006 020
ハチヒゲおじさんの看板                    ハチヒゲおじさん本人
はちみつを試食させてもらいました。

旧軽銀座の奥のつるや旅館まで歩いて、引き返しました。

009  「やぶそば」で冷やしたぬきそばの昼食
(軽井沢813-1)

少し歩いて今度は「珈琲歌劇」に入ります。

008  珈琲歌劇 (軽井沢12-7)

030 005
「珈琲歌劇」パンフレット                     店内の様子
お店はオーナーの芦屋の自宅を移築したそうです。
大きな木の柱や梁があり、古風な趣きです。アンティークな古時計やポットや絵画、彫刻などが置かれ、
ステンドグラスの窓からおだやかな光が射しこみます。
ここでコーヒーを始めてからは34年という事でした。

オリジナルコーヒーと自家製ケーキのセットをいただきました。
コーヒーはまろやかでフルーティーな香りで、これまで飲んだことがない美味しいコーヒーでした。
ケーキもしっとりとしていて大変おいしくいただきました。

大満足して帰路に就きました。
この次には離山(標高1257m、別名テーブルマウンテン)や旧碓氷峠見晴台にも行って見たいと思っています。






























  





















































                           

« 五島美術館ー瓷華明彩ーイセコレクションの名陶 | トップページ | 徳川家康公400年御遠忌の日光東照宮参拝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢散歩、アートとコーヒー:

« 五島美術館ー瓷華明彩ーイセコレクションの名陶 | トップページ | 徳川家康公400年御遠忌の日光東照宮参拝 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造