« 国立西洋美術館で「聖プラクセディス」を見ました | トップページ | 平塚市美術館・川口起美雄展 »

2015年6月 8日 (月)

東京国立博物館・鳥獣戯画展

上野の東京国立博物館・平成館で開催されている「鳥獣戯画展」を見て来ました。

チラシと図録から一部ご紹介します。(展覧会は6月7日で終了しました)

001 002
チラシ表                                チラシ裏

003 004
チラシ中 左                             チラシ中 右

前期展では10時に並んで入館は20分待ち、高山寺伝来の至宝と明恵上人などを見て、第2会場の
鳥獣戯画、甲巻を見るのに1時間半待ちでした。

後期展では入館が1時間待ち、甲巻を見るのに2時間待ちで9時半に博物館平成館に並んだのに、
甲巻を見ることができたのは12時半でした。甲巻の後、残りは待たずに見ることができました。
覚悟していたのですが、さすがに大混雑でした。

鳥獣戯画は鳥羽僧正・覚猷(かくゆう)筆と伝えられてきました。
平安時代から鎌倉時代にかけて制作され、甲、乙、丙、丁の四巻があります。
いずれも約30cm幅の10mを超す巻物(丁巻だけ少し短い)で墨で描かれています。

よく知られている甲巻からご紹介します。
国宝 鳥獣戯画 甲巻

006 005_2
蛙が兎を投げ飛ばす                        蛙が兎の耳にかみつく

007  法会 蛙の本尊 猿の僧侶

008 010
蛙の田楽踊り                            猿を追いかける兎と蛙
                                     左には蛙が倒れています

009  川遊び

乙巻   擬人化されてなく、動物図鑑的な絵です 後半には麒麟、虎、獅子など

011  犬の喧嘩

丙巻   前半は人物戯画(囲碁、双六、首引きなど)後半は動物戯画(山車、蹴鞠など)

012  蛙や猿や犬が踊っています

丁巻   人物画 法会や流鏑馬、木遣りなどが描かれています

013  人間の法会が描かれています

鳥獣戯画4巻から別れた断簡5幅も展示してありました。

断簡

014  鹿を追いかける猿

高山寺伝来の至宝、梵天、達磨、高僧像などもありましたが、明恵上人像と華厳宗祖師絵伝などを
ご紹介します。


015 016
明恵上人像(樹上座禅像) 国宝               拡大 左の折れた枝にリスがいます
紙本着色 145x59cm                        明恵上人の目の高さに

明恵上人は1206年に高山寺を華厳宗の根本道場として再建しました。
山中の各所に住み、樹上、木の洞、石の上などで座禅を組みました。
赤松の木の二股の所で座禅している姿を弟子の恵日房成忍が描いたと伝わります。

001_2  仏涅槃図 重要文化財
絹本着色 202x179、5cm

002_2  仏眼仏母像 国宝
絹本着色 193、1x128、8cm
明恵上人が亡き母の面影を重ねました。像の前で自らの右耳を切り落とすという苦行も。

005_3  白描図 十二神将像
このような白描図が鳥獣戯画のもとになったのではないかと考えられています。

次は華厳宗祖師絵伝(国宝)を少しご紹介します。
新羅の国の華厳宗の祖、義湘と元暁の事跡を描く絵巻物です。
義湘は入唐して華厳宗の法を修め、帰国するときに彼に心を寄せる善妙が化身した龍に助けられて
華厳興隆の道場を建立することができました。

元暁は本国にとどまり研鑽し、「金剛三昧経」を読み解いて国王の妃の病を治します。
紙本着色で義湘絵が四巻、元暁絵が三巻です。

004_2  義湘と元暁が寝ている塚を鬼が覗く

017 018_2
龍になった善妙                          海へ身を投げる善妙

003_2  龍になった善妙が船を運ぶ

これ等の他、善財童子歴参図、十六羅漢像や沢山の白描図像、更に神鹿、馬、狛犬などの木造彫刻
も展示してありました。

前期展、後期展共、それぞれ丸1日かかりましたが、まだ全部を見きれてはいないようです。
中身の濃い展覧会でした。





































































« 国立西洋美術館で「聖プラクセディス」を見ました | トップページ | 平塚市美術館・川口起美雄展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館・鳥獣戯画展:

« 国立西洋美術館で「聖プラクセディス」を見ました | トップページ | 平塚市美術館・川口起美雄展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造