« 練馬区立美術館・小林清親展 | トップページ | 開創1200年を迎えた高野山に参拝 »

2015年4月25日 (土)

ブリヂストン美術館・ベスト・オブ・ザ・ベスト展

京橋のブリヂストン美術館で開催されている「ベスト・オブ・ザ・ベスト展」を見て来ました。

ブリヂストン美術館は開館63年を迎えるそうです。5月18日から長期休館して新築工事に入るため、
約1600点の所蔵作品の中から、選りすぐった160点が展示されています。
また、ブリヂストン美術館の63年の歴史も展示されています。

チラシとポストカードから一部ご紹介します。

017 018
ベスト・オブ・ザ・ベスト展チラシ                 チラシ裏

最初の部屋はブリヂストン美術館のあゆみが展示されていました。

ブリヂストン美術館は石橋正二郎により1952年に開館し、フランスを中心とした西洋の近現代美術品を
収集し、展示しています。
石橋財団のコレクションは、現在約2500点有り、その内約1600点が東京ブリヂストン美術館に、
約900点が福岡県久留米市の石橋美術館に有ります。

開館した時には、日本美術家連盟の安井曾太郎会長より「美術品を秘蔵することなく、みんなに公開した」
ことに感謝状が贈られています。

開館10年後の1962年には、フランス、パリの国立近代美術館で「東京石橋コレクション所蔵ーコローから
ブラックに至るフランス絵画展」が開かれました。
この展覧会は通称「パリ里帰り展」と呼ばれ、大きな反響がありました。

1972年の「青木繁展」には皇后陛下(当時は皇太子妃)が来場されました。
2001年の「ルノワール展」は過去最高の33万人の来場者がありました。

次に印象派の展示室に入ります。

001  マネ 「自画像」
マネは生涯2点の自画像しか描きませんでした。 そのうちの1点です。
堂々と、自信に満ちた自画像です。

002  シスレー 「サン=マメス六月の朝」
川べりのポプラ並木が遠くまで描かれています。気持ちのいい朝の並木道です。

003  モネ 「黄昏、ヴェネツィア」
黄金色に輝く黄昏のマッジョーレ教会を描いています。

004  カイユボット 「ピアノを弾く若い男」
明るい窓辺でピアノを弾く男を描いていますが、男性もピアノも床のじゅうたんや壁の模様もしっかりと
描かれています。譜面まで見えるようですね。
男性はカイユボットの弟、マルシャルという事です。
カイユボットは印象派の画家たちの絵も買って支援しました。

005  ルノワール 「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」
ルノワールの代表作の一つです。明るく、可愛い少女が椅子の上にチョコンと腰かけています。
椅子や家具、じゅうたんは重厚に描かれています。
ブリヂストン美術館の一番人気で、ポストカードが一番売れているそうです。

日本の洋画の部屋に入って来ました。

006 007
藤島武二 「天平の面影」 重要文化財           藤島武二 「黒扇」
女性は「くご」という弦楽器を持っています          ローマの女性を描いています

008 009
青木繁 「海の幸」 重要文化財               青木繁 「わだつみのいろこの宮」 重要文化財
画面に線を引いた跡が見られます              山幸彦と豊玉姫の出会いを描いています      
人の身長、顔の位置など計算して描いています      
最初は皆左を向いていましたが、一人、たねの顔を
こちらに向けて描き直しています 劇的な効果があります

再びヨーロッパの美術です。

010 011
セザンヌ 「帽子をかぶった自画像」              セザンヌ 「サント=ヴィクトワール山と
                                    シャトー・ノワール」

012 013
ピカソ 「女の顔」                         ピカソ 「腕を組んですわるサルタンバンク」
絵具に砂を混ぜて重厚感を出しているそうです      人体をくっきりとした輪郭線で表しています
                                   サルタンバンクは芸人を表す言葉です

014  アンリ・ルソー 「牧場」
木の葉を一枚一枚丁寧に描いています 懐かしい感じの絵です

015  ルオー 「郊外のキリスト」
油絵具を厚く塗る、印象的なルオーの絵です。
月夜の道にキリストと子供が二人描かれていますが、二人は子供ではなくて、キリストが特に大きく
描かれているのでしょうか。

016  デュフィ 「オーケストラ」
浮き浮きと演奏している楽団員が描かれています。
ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、フルート、サキソフォン、ティンパニ、ドラム、ハープ、
シンバルなどなど。 楽しい演奏が聞こえて来そうです。

これ等の他にも沢山のヨーロッパ、日本の近現代美術作品を堪能しました。

この展覧会は5月17日まで開催されています。

 ブリヂストン美術館
    東京都中央区京橋1-10-1
        Tel 03-5777-8600













 










 















« 練馬区立美術館・小林清親展 | トップページ | 開創1200年を迎えた高野山に参拝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン美術館・ベスト・オブ・ザ・ベスト展:

« 練馬区立美術館・小林清親展 | トップページ | 開創1200年を迎えた高野山に参拝 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造