« サントリー美術館・仁阿弥道八展 続編 | トップページ | MOA美術館・光琳アート »

2015年2月25日 (水)

熱海梅園散歩

日本一早咲きと言われる熱海の梅園を見に行きました。

熱海は桜も日本一早咲きと言いますが、このあたみ桜・糸川桜まつりは1月24日~2月15日までで、
残念ながらもう終わっています。
梅園の梅まつりは1月10日~3月8日までなので、遅咲きの梅も咲きだして丁度よい頃かなと出かけました。

012 013
入口でパンフレットをいただきます               裏には梅園の地図があります

中に入ると早速、梅の花に迎えられました。

001  紅梅 「大盃(おおさかづき)」
鮮やかな色です

松尾芭蕉の句碑がありました。
002  句碑
「梅が香に のっと日の出る 山路かな」

003  双眉橋から見る梅がきれいです

004  梅見の滝
園内の初川の水を利用して造られた人工滝ですが、滝の裏側も通行できます。

005 006
滝の裏側から見る場所がいくつかあります。
滝を通して見る梅もいいですね。

007  白梅

008  白梅 「青軸小梅」

途中の土手に可愛い花がありました。

009  ペチコート水仙
スペインやポルトガルに咲く水仙で、名前は「ナルキッソス・バルボコディウム」

梅園の山の上に来ましたので、絶景が広がります。

010 011
下を見れば梅と香浮橋                     上は梅と梅園橋 奥は澤田政廣記念美術館

梅園橋を渡って澤田政廣記念美術館へ向かいます。

澤田政廣さんは熱海市生まれの彫刻家で、沢山の木彫作品を始め、油絵、リトグラフ、陶画、書など、
多彩な作品を制作しました。
日展常務理事、日本彫塑会会長などを務め、1979年文化勲章を受賞しています。

この美術館では数千点の作品を収蔵、展示しているそうです。
ポストカードから数点ご紹介します。

014  ステンドグラス 「飛天」
エントランスホールの天井に巨大なステンドグラスがありました。
4人の天女が空を舞っています。中央は太陽でしょうか。 93才の作品だそうです。

015  金剛王菩薩  樹脂製
カラフルな鮮やかな菩薩です。88才の作品

016 017
魚籃観音 ブロンズ                        国立 ブロンズ

沢山の作品がありましたが、仏像など宗教的な作品が多いようです。

梅の花と芸術を満喫しました。

そろそろお腹が空いてきましたので、韓国庭園と中山晋平記念館はパスして、熱海駅に戻り、美味しい
海鮮丼のある食堂を探します。
























































« サントリー美術館・仁阿弥道八展 続編 | トップページ | MOA美術館・光琳アート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海梅園散歩:

« サントリー美術館・仁阿弥道八展 続編 | トップページ | MOA美術館・光琳アート »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造