« ポーラミュージアムアネックス・山本基展 原点回帰 | トップページ | 国立科学博物館・ヒカリ展 »

2015年2月16日 (月)

佐藤美術館・花の饗宴展

まだまだ寒い日が続く中、先日、ぽかぽか陽気に誘われて、佐藤美術館の「花の饗宴展」に出かけました。

佐藤美術館は総武線千駄ヶ谷駅から少し中に入った所、新宿御苑の向かいの道の1本中の道にあります。

001  花の饗宴展看板

002 003
佐藤美術館入口                          佐藤美術館パンフレット

チラシとポストカードから一部ご紹介します。

004 005
花の饗宴展チラシ                        チラシ裏

展示室3階から5階にPart1~5に分けて35点の絵が展示してあります。

Part 1 花と鳥~現代の花鳥画

006  堀文子 「流れ行く山の季節」
1990年 161、5x129、7cm 軽井沢の景色という事なので後ろは浅間山でしょうか。
春の鮮やかな花が咲き誇っています。約20種の花の中に、雉が悠然とたたずんでいます。
キツツキが木をつつき、鳥や蝶が飛び交っています。
早くこんな季節になって欲しいものです。

007  陳文光 「皎皎(こうこう)」
1992年 162、1x130、3cm
上野の不忍池を描いています。蓮の花と葉の中に一羽の緑色の鴨がいますが、なんだか抽象画
のようですね。

Part 2 花の競演

008  小倉遊亀 「紅梅と古鉢」
1990年 37、5x45cm
華やかな絵付けの鉢が描かれていますが、これに合わせて小ぶりな梅の枝が添えられています。

009  郷倉和子 「春律」
1990年 96、5x129、7cm
古木の梅の花が見事に描かれています。気品がありますね。

010  神戸智行 「春風切って・夏風切って・秋風切って・冬風
切って」の内「春風切って」部分
2011年 各60、6x50cm  桜の花びらの花筏の中に金魚が泳いでいます。
神戸さんは和紙を何枚も重ねて、中の和紙にも絵を描きますので、絵に深みがあり、立体感が生まれます。

Part  3 様々な花

011  守屋多々志 「紫式部」
1990年 96x139、5cm
鮮やかな紫の十二単をまとった紫式部が、紫の敷物の上に艶やかに座り、更に上から紫と白の藤の花が
降り注ぎます。これはもう夢の世界ですね。

012  松尾敏男 「春苑」
1990年 111x161cm  大きな牡丹の花が描かれています

Part  4 「心象風景の中の花」

013  荘司福 「山霧」
1990年 96x129cm
朴の木の花を描いています。朴の花は枝先に咲き、その下の葉が大きく広がるので、普段は見上げても
なかなか花を見ることができません。高いところから見て描いたのでしょうか。
白い可憐な花です。

014  工藤甲人 「花中安居」
1990年 111、5x161、5cm
見事な白と赤の牡丹の花が咲いていますが何故か中に蝸牛(かたつむり)がいます。
工藤さんは蝸牛にこだわりがあるようで、蝸牛庵と称しているそうです。

Part 5 色々な表現の花

015  集治千晶 「胸に咲く華ーリバティ・プリント」
2006年 90x120cm 銅版画
メルヘンの世界のような花が咲いています。

016  石居麻耶 「心に残りゆくもの」 ミクスドメディア
2004年 (103x72、8cm)x2  アクリル絵の具、色鉛筆など
左は野菊の花の上に人影があり、右は石段の上に人影がありますが、これは見ている自分の影でしょうか。
印象的な絵です。

017  呉亜沙 「岩手ー大槌川とおばあちゃんの菊畑」
油彩 2007年 130、3x162、1cm
昔の田舎の思い出でしょうか、住んでいるのは兎の住人です。

この他、牧進さんの枝垂れ梅を描いた「浅き春」や加山又造さんの「夜櫻」、秋野不矩さんの極楽鳥や
火炎樹、蓮が描かれた「讃華」などの絵がありました。

一足早く春を満喫して帰りました。

この展覧会は3月1日まで開催されています。

 佐藤美術館
     東京都新宿区大京町31-10
          Tel 03-3358-6021

   






























 


















« ポーラミュージアムアネックス・山本基展 原点回帰 | トップページ | 国立科学博物館・ヒカリ展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤美術館・花の饗宴展:

« ポーラミュージアムアネックス・山本基展 原点回帰 | トップページ | 国立科学博物館・ヒカリ展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造