« 銀座ギャラリーズ Xmas Art Festa | トップページ | 五島美術館・茶道具取合せ展 »

2015年1月 9日 (金)

新宿山ノ手七福神めぐり

新宿山ノ手七福神めぐりをして来ました。

丸ノ内線、新宿御苑前駅からスタートすると、直ぐに霞関山太宗寺に着きます。
太宗寺の本堂は近代的な建物ですが、その横の不動堂に布袋和尚がいます。

004 005
三日月不動堂                          布袋尊(手前の像)奥は三日月不動尊

太宗寺は僧、太宗が開いた浄土宗の寺で、新宿、内藤氏の菩提寺となりました。
本尊は阿弥陀如来です。
境内には色々な見どころがあります。

003 002
閻王殿                               閻魔大王 5、5mもあります
閻魔大王は木造、彩色の見事な像で、目をむき、大きな口を開けて見据えていますが、網目越しなので、
写真では見にくいかもしれません。
またこの中には、三途の川の亡者の着物をはぎ取るという奪衣婆像もあります。

001  銅造地蔵菩薩坐像
江戸に入る6本の街道の入口に設置した、江戸六地蔵の一つです。
他は品川寺、真性寺、霊厳寺などにあります。

次に七福神ではないのですが、近くの花園神社に向かいました。

006 007
花園神社参道                           拝殿 お参りの長蛇の列
花園神社は新宿の総鎮守で、倉稲魂命(うがのみたまのみこと、花園神社)、日本武尊(大鳥神社)、
受持神(雷電神社)の3柱の神を祀っています。
神社の敷地内で色々な劇団による催し物などが開かれ、新宿の町の文化の一翼も担っています。

008 009
威徳稲荷神社                           狐が両脇を守っています

次に、明治通りを東新宿に向かい、稲荷鬼王神社に入ります。

010 011
稲荷鬼王神社 本殿                      三島神社(恵比寿神社)
稲荷鬼王神社は稲荷神社と鬼王神社が合祀されました。
鬼王神社は鬼王権現(月夜見命、大物主命、天手力男命)を祀り、稲荷神社は穀物の神、宇迦之御魂神を
祀っています。

恵比寿神社には水琴窟の手洗いがあります。水をそばの竹筒に掛けると音が出るようです。
また、お参りの後、手水(右)からかえる石(左)に水を掛け、かえる石をさすりながら願いを3度唱えると、
願いが叶うそうです。

013  鬼王神社の水鉢
水鉢が、かがんだ鬼の頭に乗っています。

次は、職安通り(鬼王通り)を東に進みます。ここには3社が近くにあります。

014 015
厳島神社参道                          弁財天
源義家が奥州征伐の途上にこの地で勝利を祈願して、奥州平定後、お礼に神社を建てました。
厳島神社は市杵島姫命を祀っていましたが、この神が仏教の弁財天と習合しました。
弁財天は水の神様、五穀豊穣の守り神です。
源義家が苦難を切り抜けたことから、“抜弁天”と言われます。
また、以前厳島神社は西向天神社の末社でした。

016  厳島神社参道 南北に通り抜けられます


017 020
大久保山永福寺 参道                       永福寺本堂
永福寺は開基・貴雲尊悦、開山・桂屋瑞漱、曹洞宗、本尊は釈迦如来です。

019_2 018
福禄寿                               仏像2体

021 022
春時山法善寺 参道、本堂                    七面明神堂
法善寺は日蓮宗の日相上人が創建しました。
法華経を守護する女神、七面天女(七面明神、身延山久遠寺の鎮守)の木彫りの立像を、鳥取藩主から
寄贈され、祀ったことに始まる寺院です。
七面天女は宝冠を付け、左手に如意宝珠、右手に鍵を持つ華麗な彩色の像という事ですが、
秘仏なので見ることができません。

023  寿老人 奥の棚の上に鎮座

次に、職安通り、大久保通りを進んで、原町(牛込柳町)の経王子に着きました。

024 025
大乗山経王子 参道                        経王子本堂
経王子は日蓮宗の日静上人が開創しました。
本尊は日蓮上人の高弟、日法上人作の大黒天です。微笑んでいる大黒様ではなく、厳しい表情をしています。
寺の度重なる火災にも焼け残ったことから、火防せの大黒様として崇敬されています。

026 027
奥に大黒天様?                         御朱印をいただく人の列

頂いたパンフレットに大黒様の写真がありました。

032 033
開運火防大黒天                            打ち出の小槌

いよいよ最後の神楽坂、善国寺に向かいます。

028 029
鎮護山善国寺                           本堂
日蓮宗の日惺上人が初代住職として、徳川家康公の為に毘沙門天像を前に天下安全の祈願を行いました。
これを聞いた家康公は、自ら鎮護山と命名しました。
これが毘沙門天善国寺の起源だそうです。

030  狛犬でなく、虎が守護しています

これで新宿山ノ手七福神めぐりが完了し、色紙の御朱印も完成しました。

031  神楽坂の通り

神楽坂のウィンドーショッピングをして、飯田橋から帰りました。




























































 





























« 銀座ギャラリーズ Xmas Art Festa | トップページ | 五島美術館・茶道具取合せ展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿山ノ手七福神めぐり:

« 銀座ギャラリーズ Xmas Art Festa | トップページ | 五島美術館・茶道具取合せ展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造