« 東京都美術館・第37回JAG展 | トップページ | 東京国立近代美術館工芸館・青磁のいま »

2014年12月 3日 (水)

紅葉の千葉、養老渓谷ハイキング

千葉県市原市の養老渓谷をハイキングして来ました。

養老渓谷は“本州で一番遅い紅葉”と言われているようです。
まだ紅葉見物に間に合うかなと期待が膨らみます。

027  房総半島どまん中の養老渓谷案内図
小湊線・養老渓谷駅よりハイキングコースに入ります。

先に養老渓谷より少し奥の「粟又の滝」を見に行きます。

004  粟又の滝入口
「養老大滝」と看板に書いてあります。ここを下りて行きます。

001  粟又の滝
滝が見えました。緩やかな滝です。落差30m、全長100mあります。
房総一の名瀑と言う事です。養老川が流れて行きます。

002 003
石橋を渡って対岸の土手の紅葉を見ます。

滝めぐりの遊歩道をハイキングして道路に戻り、養老渓谷に向かいます。
養老渓谷の中瀬遊歩道に入る前に、出世観音にお参りします。
出世観音に向かう観音橋は朱塗りの2連の太鼓橋です。

005 006
観音橋                               橋から溪谷の紅葉を楽しみます

007  出世観音にお参りします
「開運招福」の観音様です。又、「祈祷の名刹」として沢山の人が参拝するそうです。

観音橋を戻り、中瀬遊歩道に入ります。

008 009
中瀬遊歩道から見る紅葉                    先の観音橋もきれいです

養老川を渡ります。

010  飛び石の橋
中瀬遊歩道は養老川を飛び石の橋で3回渡ります。

011 012
紅葉祭りのポスターがありました               鮮やかな紅葉

013 014
黄葉もあります                           2番目の飛び石橋

015 016
黄葉                                 3番目の飛び石橋

017  溪谷の素晴らしい紅葉が続きます


 
養老川から離れ、奥養老バンガロー村に向かう舗装道路を歩きます。
ほどなくトンネルをくぐります。

019  トンネルを抜けて振り返ると山がきれいです

020  バンガロー村入口の看板
ここから道路を離れ、細い道に入ります。

橋を渡り、右折して坂を上り、バンガロー村の管理棟脇から道を下ります。

車道を上り、夕木台を抜けていくと養老渓谷駅に通じる宝衛橋が現れます。

021  宝衛橋
少し疲れましたが、宝栄橋まで来れば、養老渓谷駅はすぐ近くです。

022 023
民家にカラスウリが集められています             なた豆が実っています

024  養老渓谷駅に着きました

025  駅前広場ではファミリーハイキングのイベントが
ひらかれていました。ゆるキャラもいます。

026  養老川のアユの塩焼き

地元勝浦の吉野酒造のカップ酒「腰古井」を買って、アユの塩焼きをいただきました。

足が疲れてしまったので、宝林寺には寄らずに帰りました。
宝林寺は里見氏ゆかりの寺で、「南総里見八犬伝」の種姫のお墓があるそうです。

養老渓谷ハイキングは、養老川を3回も渡って山あいの紅葉を眺めることができ、トンネルや山道もあり、
変化にとんだハイキングコースで、紅葉や黄葉を満喫しました。












































 



































« 東京都美術館・第37回JAG展 | トップページ | 東京国立近代美術館工芸館・青磁のいま »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の千葉、養老渓谷ハイキング:

« 東京都美術館・第37回JAG展 | トップページ | 東京国立近代美術館工芸館・青磁のいま »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造