« 田園調布散歩とみぞえ画廊 | トップページ | 浜口陽三と国際メゾチント展・星より遠い色 »

2014年12月16日 (火)

LIXILギャラリー・タイルが伝える物語

中央区京橋のLIXILギャラリーで開催されている「タイルが伝える物語」を見て来ました。

タイルは紀元前から建物の建材や装飾に使われてきました。
その後、建材としてだけでなく、物語やメッセージを発信する物が造られるようになり、17~18世紀の
オランダのタイルでは聖書の物語を描いたタイルが造られました。

ポストカードや図録から一部ご紹介します。

001  「タイルが伝える物語」の案内

002  「ハガルの追放」 770x645mm 
マンガン彩組絵タイル 18世紀 オランダ
旧約聖書「創世記」の物語が描かれています。
アブラハムがエジプト人奴隷のハガルと、ハガルに産ませた子供イシュマエルを妻の求めに応じて、
追放する場面です。
オランダのアドリアン・ファン・デル・ヴェルフが描いた油彩が原画だそうです。

003  「ハガルの追放」 陶板 480x400mm
19世紀 ドイツ王立磁器製作所
油彩の原画を元に、やきものの絵具を使って描いた、鮮やかな色彩の陶板画です。

004  「東インド会社帆船」 400x260mm
マンガン彩タイル オランダ 18世紀

005  「鳥籠を持った婦人像」 415x165mm
レリーフ陶板 イギリス、ミントン社製 19世紀
婦人が持つ鳥籠には人が入っていますが、これは翼を持つ子供「アムール」で、愛の象徴です。

次は中国のタイルです。

006 007
「桃源図」 161x189mm 染付陶板             「山水」 286x289mm 染付陶板
桃源郷から街へ戻る時の別れの場面             両岸に桃の花が咲く道を行くと
                                     桃源郷の洞窟が見えています

008 009
「BIRD」 95x95mm バーナード・リーチの陶板     「蚩尤(しゆう)」 215x215mm
羽根をむしられた鶏(食材)が描かれています       中国古代神話の軍神です
祝宴が催されることを意味しています            体は人間ですが、頭と足は牛です
                                   頭と手、足に武器を持っています

次はイスラムの陶板です。

010  「ホスローとシーリーン」 組絵タイル
900x665mm イラン 18~19世紀 ペルシャ恋愛抒亊詩の一場面
アルメニアの美しい王女シーリーンが水浴をしているところを、ササン朝のホスロー2世が見て、
あまりの美しさに魅せられて、指を口に当てるシーンです。
背景の青い色で主題が強調される、印象的な絵です。

011  「ユースフとズライハ」 410x800mm
多彩群像文レリーフタイル イラン 19世紀
中央の預言者ユースフ(ヨゼフ)とエジプト高官の妻、ズライハの恋を描いた場面
ズライハは美しいユースフを婦人たちに見せびらかします。
本当に大勢の夫人たちが描かれています。

012  「野宴図」 730x1090mm
ペルシャ陶板組絵 イラン 18世紀
楽園の貴人遊楽の図です 貴婦人が若い美男子にかしづかれています。
繊細なきれいな絵です。

これ等の他、子供たちを描いたタイルや風景を描いたタイルなど、沢山のタイル、陶板が展示
してありました。

中世の物語のあるタイルを楽しみました。

この展覧会は来年2月21日まで開催されています。

 LIXILギャラリー
    東京都中央区京橋3-6-18
        Tel 03-5250-6530


















                     














« 田園調布散歩とみぞえ画廊 | トップページ | 浜口陽三と国際メゾチント展・星より遠い色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LIXILギャラリー・タイルが伝える物語:

« 田園調布散歩とみぞえ画廊 | トップページ | 浜口陽三と国際メゾチント展・星より遠い色 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造