« 横浜、砂の彫刻展 | トップページ | 日本橋三井ホール・アートアクアリウム »

2014年8月18日 (月)

深川八幡祭り・富岡八幡宮例大祭

今年は富岡八幡宮の3年に1度の本祭りとなり、神幸祭が行われ、八幡様が鳳輦に乗って町中を渡御します。
これを受けて、翌日、町中の神輿が連合渡御を行います。その数、55基。
その17日の連合渡御を見て来ました。

001  成田山深川不動堂 鳥居
地下鉄東西線、門前仲町駅を出ると、そこが深川不動堂の参道です。

002  参道には屋台が並んでいます

003 004
本堂  左手にわずかに新本堂が見えます。        奥に不動明王座像     
新本堂は外壁が真言の梵字で造られています。

本堂では丁度11時の御護摩修行が行われていました。

024  深川不動堂のパンフレット
堂内は撮影禁止です。
護摩修行は厳かな読経と迫力のある太鼓、護摩のお焚き上げなどがあり、煩悩を炎で焼き尽くし、
所願成就を祈念するものです。

心に沁みる荘厳な修行でした。

あらためて不動明王座像にお参りします。
大きいですね。2m以上はあり、立像にすると5mを超える不動尊だそうです。
おねがい不動尊と言われ、さわることもできるそうです。

内仏殿に入り、慈恩如来像にお参りし、阿の梵字が光る橋、阿字橋を渡ります。
澤田政廣作成の不動明王立像・政廣不動にお参りし、2階に向かいます。

2階の四国八十八ヶ所巡拝所は省略して、七福神、不動明王座像にお参りして深川不動堂を後にしました。
4階には中島千波画伯の天井絵・大日如来蓮池図がありますが、次の機会に見ることにしました。

境内にはお稲荷様もあります。

005  深川開運出世稲荷

006  大わらじ

すぐ隣が富岡八幡宮です。

007 008
富岡八幡宮 参道                         本社  お参りに大行列

境内には御本社神輿が収納されています。

009  010
本社 二の宮神輿                          本社 一の宮神輿

011  本社 一の宮神輿の説明
高さ4m以上、重さは4、5 トンもあります。
鳳凰の胸に7カラットのダイヤ、目には4カラットのダイヤ、鳳凰の冠にルビー2000個以上、
屋根に純金24Kg の他、プラチナや銀、宝石など多数が使われているそうです。

二の宮神輿は重さ約2トン、鳳凰の目に2、5カラットのダイヤが使われています。


026  一の宮神輿納受式(平成3年)
富岡八幡宮御由緒のパンフレットの写真です。担ぎ手は3000人。


午後1時になりましたので、永代通りに出て神輿を待つことにしました。

012 013
深川囃子  おはやしの一行                  きれいどころ(深川芸者さん?)
お囃子の後、木遣りの一行がありましたが、写真を撮り損ねました。

014 015
東陽町二丁目                            東陽二 神輿

016 017
東陽四 神輿                             きれいどころ

018 019
千石一 神輿                            扇島 神輿

020 021
豊洲 神輿                              新川一東 神輿

022 023
箱崎 神輿                              新川越二 神輿

この後、まだまだ町会の神輿が続きますが、もう十分に見ましたので、そろそろ引き揚げることにします。
新川越二は18番の神輿で、最後の深濱の神輿は55番です。

又、深川神輿は水掛け神輿ともいわれ、町のいたるところで大きなバットに水を用意して、バケツで
神輿を担ぐ人に水をかけます。
水道からホースでじゃあじゃあとかけます。
この暑さなので皆大喜びです。女の子もびしょ濡れです。
見ている観客にも水がかかります。
ただ、写真にはなかなか撮れません。中に少しでも映っていればよいのですが。


名物のあさりせんべいをお土産に買って、お寿司でも食べて帰ります。

















                                













































« 横浜、砂の彫刻展 | トップページ | 日本橋三井ホール・アートアクアリウム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深川八幡祭り・富岡八幡宮例大祭:

« 横浜、砂の彫刻展 | トップページ | 日本橋三井ホール・アートアクアリウム »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造