« Bunkamura・デュフィ展 | トップページ | 岡田美術館・歌麿「深川の雪」 »

2014年6月28日 (土)

山本容子展 アートインホスピタル

伊勢丹新宿店で開催されている山本容子展を見て来ました。

今回の展覧会は、アートインホスピタルと言う事で、医療現場での壁画制作を特集しています。
絵の持つ癒しの効果で、患者をはじめ医師や看護婦たちが心穏やかに過ごせるように願って、制作するもので、
山本容子さんが新たなライフワークの一つとして取り組んでいます。

この他にも「ヴィヴァルディ四季」など、音楽の版画や「赤毛のアン」などの童話、「猫」シリーズなど、
沢山の版画が展示してありました。

山本容子さんは京都市立芸術大学西洋画専攻科を終了し、日本現代版画大賞展西武賞受賞、
韓国国際版画ビエンナーレ優秀賞受賞など受賞を重ね、2013年には京都市文化功労者を受賞しています。


チラシとポストカードから一部ご紹介します。

001  会場入り口の看板

003  展覧会のチラシ

004  チラシ裏 アートインホスピタル
上段:高松赤十字病院エントランスで壁画に取り組む山本さん 2014年
    右はその版画 36、5x64、5cm
下段:和歌山県立医科大学病院 6階新生児集中治療室の壁画 2013年
    左はその版画 36、5x64、5cm

会場の壁や天井には板に描かれた大きなアートインホスピタルの壁画が展示されていました。

007  鳥の歌2
上の図の下段(和歌山県立医科大病院)の版画の左部分のポストカードです。

005  TUGUMI
花の中に4羽のツグミがいます。43x69cmの版画の真ん中部分です。
会場には壁に、この「TUGUMI]の大きな壁画がありました。

会場の別のコーナーにはこれまで山本さんが制作した沢山の版画が展示してありました。

006  ヴィヴァルディ「四季」

008  オーヴェルニュの子守歌

009  赤毛のアン

010  猫に見られる

会場のビデオコーナーでは海外の病院でアートインホスピタルの壁画を検討している様子が映されていました。


この展覧会は6月30日まで開催されています。

 伊勢丹新宿店
      新宿区新宿3-14-1
           Tel 03-3352-1111

 























« Bunkamura・デュフィ展 | トップページ | 岡田美術館・歌麿「深川の雪」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本容子展 アートインホスピタル:

« Bunkamura・デュフィ展 | トップページ | 岡田美術館・歌麿「深川の雪」 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造