« 川崎・砂子の里資料館、広重の「六十余州名所図会」 | トップページ | 亀戸天神社・藤まつり »

2014年5月 1日 (木)

根津神社・つつじまつり

根津神社のつつじを見て来ました。

根津神社のつつじは、元この地が徳川綱重の下屋敷であった時、綱重が植えたことに始まるそうです。
350年の歴史があります。
現在では約100種、3000株が早咲き、遅咲きと咲いていきますので、長い期間楽しめます。

001  根津神社入口

002   参道の鳥居

先ずは社殿にお参りします。

003 004
楼門(国の重要文化財)                      唐門(国の重要文化財)

005  006
拝殿(国の重要文化財)                     拝殿を近くから
拝殿の奥に幣殿、本殿と続く権現造りです。

拝殿の右奥に神輿が展示してあります。

007  本社大神輿
風格のある神輿です。

写真には撮りませんでしたが、社殿の周囲を取り囲んでいる透かし塀も国の重要文化財です。
全長200mの塀は300年経っても狂いがないそうです。最近の調査で内側全体が地中8mの
深さまで基礎工事がしてあることが分かったそうです。

お参りをしましたので、つつじ苑に向かいます。

008   つつじ苑は早咲きのつつじが満開です

009  010
キリシマツツジ  きれいな色です               ハナグルマ 珍しい種類です

011  014
鮮やかな赤と白のキリシマツツジ                      キリン

012   ハナグルマ

013  016
ツツジの中に楼門が見えます                    丘の上からつつじ苑

015  018
フジツツジ                                 ミシマツツジ?

020  人の行列

つつじに堪能して乙女稲荷を参拝します。

021  022
乙女稲荷の千本鳥居                         乙女稲荷社

023    つつじまつりのポスター
まさに100種のつつじが掲示されているようです。

お土産に名物甘酒茶屋の酒まんじゅうを買って帰りました。

つつじまつりは5月6日まで開催されています。

尚、つつじまつりの期間中は森村画伯が奉納した三十六歌仙の絵が拝観できるそうなので、
次回には見たいものです。

« 川崎・砂子の里資料館、広重の「六十余州名所図会」 | トップページ | 亀戸天神社・藤まつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根津神社・つつじまつり:

« 川崎・砂子の里資料館、広重の「六十余州名所図会」 | トップページ | 亀戸天神社・藤まつり »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造