« 五島美術館・中国の陶芸展 | トップページ | 舎人公園・春の桜まつり »

2014年4月 3日 (木)

桜満開の飛鳥山公園

北区、王子駅に隣接する飛鳥山公園の桜を見に行きました。

王子駅中央口を降りると直ぐに音無親水公園が広がっています。

001  002
音無親水公園  桜が満開です 隅田川に注ぐ石神井川の流路に整備されています。

飛鳥山公園に行くために、駅に戻り、陸橋を渡り、JRの下を潜ります。

003  004
飛鳥山山頂を結ぶモノレール・あすかパークレールは人の行列ができています。
山頂と言っても標高30mもないようですが。
歩いて公園に入ると満開の桜です。大勢の人たちが散歩したり、お弁当を広げています。
飛鳥山には約650本のソメイヨシノや八重桜などがあるそうです。

005  006
桜がきれいです。                           飛鳥山碑
飛鳥山の由来が書かれた碑があります。飛鳥山の地名の由来や将軍吉宗が飛鳥山を王子権現に
寄付したこと、桜を植えたことなどが書かれているそうです。
この碑は紀州産の青石です。

公園の中を更に進むと子供広場があり、お城や電車などがあります。

007  008
都電車両                               機関車
大勢の子供たちが駆け回っています。

更に奥には三つの博物館があります。

009   飛鳥山博物館
飛鳥山博物館には北区の歴史や自然、文化などが展示されています。
1階では企画展「岳人冠松次郎と学芸官中田俊造展」が開催されていましたが、これはパスして
3階のアートギャラリーの金工展を見ました。
鍛金の人間国宝、奥山峰石さんの作品が展示されています。

010  011
奥山峰石 鍛金作品展                      継合せ亀甲文花瓶

012  013
赤銅継合せ鉢                              打込象嵌花器「晩秋」

奥山峰石さんは1995年に鍛金の技術で人間国宝に指定されました。
鍛金は熱した銀の板などを木づちや金づちでたたいて成形します。
赤銅などの板を鑞付して打ち上げ成形する接合法や打込み象嵌などの技法で何時間もたたいて
作品を完成します。

更に奥のギャラリーでは高田力蔵さんの西洋名画の模写がありました。
アングル「トルコ風呂」、ミレー「晩鐘」、ベラスケス「王女マグリットの肖像」などが展示してありました。

次に紙の博物館に行きました。

014  紙の博物館

300円の入場券を買って入ります。
紙の原料や製造工程、紙製品の展示などがあります。

4階の企画展では金唐紙展が開催されていました。

023  024
金唐紙展チラシ                           金唐革紙「狩人」
                                   狩人や鹿、イノシシなどが打ち出されています。

金唐革紙は明治時代に完成されたもので、ヨーロッパの貴族の館や僧院などで使われていた革製壁掛けを
日本で和紙と箔、漆を使った金唐革紙に発展させたものです。
高級美術打出し壁紙として国会議事堂や企業の貴賓室、高級邸宅などに用いられましたが、
産業として成り立つまでには至らず、衰退し、技術は途絶えていました。
昭和後期に入り、上田尚さんが50歳で金唐紙研究所を設立し、復活させました。
上田尚さんは日本郵船小樽支店応接室や旧岩崎邸などの金唐革紙壁紙の修復も手掛けました。

金色に輝く打出しの素晴らしい壁紙が沢山展示されていました。


隣の渋沢資料館には寄らず、一番奥の旧渋沢庭園に行きました。

015 016
渋沢資料館                             旧渋沢庭園

017  018
青淵文庫 国指定重要文化財                   晩香盧 国指定重要文化財
青淵文庫は渋沢栄一80歳のお祝いに竜門社が贈呈した書庫      
晩香盧は栄一喜寿のお祝いに清水建設より贈られた洋風茶室
中には入りませんでした。
まだ見残している所が沢山ありますが、そろそろ引き揚げます。

019   王子駅南口連絡路で駅に向かいます

駅を過ぎてこの町一番の見晴らしがあります。
北とぴあの17階、展望ラウンジに登ります。

022   北とぴあ

020  021
展望ラウンジより飛鳥山公園の桜を望みます         スカイツリーも見えます

充実した花見に満足して帰宅しました。

« 五島美術館・中国の陶芸展 | トップページ | 舎人公園・春の桜まつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜満開の飛鳥山公園:

« 五島美術館・中国の陶芸展 | トップページ | 舎人公園・春の桜まつり »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造