« 鶴田一郎・美人画展 | トップページ | 銀座和光ホール・森野泰明展 »

2014年4月21日 (月)

平等院鳳凰堂

京都宇治にある世界遺産、平等院鳳凰堂を参拝して来ました。

鳳凰堂は今年の3月末に3棟(中堂、両翼廊)の修理が完了し、4月から拝観できるようになったばかりです。

京都駅からJR奈良線に乗り、宇治駅で降りて宇治橋通り商店街を抜け、参道を通って平等院に向かいます。
表門から入ると鳳凰堂が見えてきました。

001_2 002_2
鳳凰堂 翼廊の入口側                     枝垂れ桜と鳳凰堂

003_2  鳳凰堂全体

鳳凰堂の屋根は解体修理され、屋根の上の金銅製鳳凰も新調されました。
鳳凰棟上げの写真から拝借しました。

003_3 004_2
鳳凰 左                                鳳凰 右
鳳凰はオス、メスがあり、その違いは尾羽のはね方と言うようですが、よくわかりません。

004_3  015
阿の字の池                             屋根の龍頭瓦(ネットの画像)
鳳凰堂の大屋根には鬼瓦の代わりに龍頭瓦がのせられています。
これは最古、最大の龍頭瓦だったそうで、中堂に合計4個あります。

005_2   橋を渡って鳳凰堂の中に入ります

016   阿弥陀如来座像
ネットの画像なので少しボケていますが、実際には荘厳で素晴らしいものでした。
仏師、定朝により造られたもので国宝です。
背後の壁にかかっている、雲中供養菩薩像は52体あり、全て国宝です。
その内、26体は鳳翔館に展示されており、新しく造られたものと交換されています。
ネットの画像を拝借して一部ご紹介します。

006_2 007
舞う菩薩像

008  010
楽器を持つ菩薩像  均子(きんす)と撥(ばち)          拍板(はくばん)

012  013
天蓋をかかげる菩薩                        左手に蓮華をのせ右手を添える菩薩

008_2   鳳翔館の展示(パンフレット)
鳳凰堂の左奥にある鳳翔館には梵鐘(国宝)や扉絵(国宝)などが展示されていましたが、雲中の間では
雲中供養菩薩26体(国宝)が展示されていました。

鳳凰堂4棟(中堂、両翼廊、尾廊)も国宝で歴史の重みを感じる1日でした。

鳳凰堂は10円硬貨に描かれ、鳳凰は1万円札に描かれています。

002_3  1万円札の裏に描かれた鳳凰

006_3   平等院参道

平等院を出た直ぐの参道にある「孫左ヱ門」で美味しい宇治茶入りうどんを食べて帰りました。

« 鶴田一郎・美人画展 | トップページ | 銀座和光ホール・森野泰明展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平等院鳳凰堂:

« 鶴田一郎・美人画展 | トップページ | 銀座和光ホール・森野泰明展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造