« 城戸真亜子「静寂の叫び」展 | トップページ | 鶴田一郎・美人画展 »

2014年4月17日 (木)

田島ヶ原サクラソウ自生地(桜草公園)

さいたま市桜区の桜草公園に行って来ました。

埼京線中浦和駅からバスに乗り、桜草公園で降りて橋の下を下りていくと荒川河川敷に造られた
緑あふれる大きな公園があります。
その中にサクラソウが自生している所があります。

001   桜草公園
手前の県道40号線と向こうに見える武蔵野線に挟まれた所にあります。

005   国指定特別天然記念物の石碑
昔はここは田島ヶ原サクラソウ自生地として大正9年に日本で初めて天然記念物に指定されたそうです。
昭和27年には国の特別天然記念物に指定されました。

003  002
サクラソウ                                                                  特別天然記念物の杭
可愛いですね                               

004  田島ヶ原サクラソウ自生地の案内

012  013
案内をアップにしました。一部切れてしまってすみません。
ノウルシの右はアマナ、シロバナタンポポの右はカントウタンポポです。
公園では他の草花に押されながらサクラソウが咲いています。
草花がいっぱいの緑地です。

007  008
ノウルシとサクラソウ                          サクラソウ

010   サクラソウのアップ
ハート形の赤紫の花びらが5枚ついています。

006  009
ノウルシ                                 ヒノキカサ
ノウルシはトウダイグサ科の花で、5枚の丸い葉の脇から杯状の黄色の花をつけています。
ヒノキカサはキンポウゲ科の花で、小さな黄色い光沢のある花をつけています。

011  016
ツボスミレ                              ヒノキカサ
ツボスミレはスミレ科の白い小さな花です。

014  017
サクラソウ                               ジロボウエンゴサク
ジロボウエンゴサクはケシ科の花で、先が4片に分かれた青紫の細長い花ですが、筒の部分は白色です。

018  019
サクラソウ                                アマドコロ
アマドコロはクサスギカズラ科の花で、鐘形の白い花をつけています。

公園のサクラソウや可愛い草花を沢山見ましたので満足して帰ります。

橋の名前とモニュメントに気が付きました。

020  橋の名前も「さくらそうばし」です

021   さくらのモニュメント

サクラソウ公園には約4ヘクタールの自生地に150万株のサクラソウが咲いているそうです。
又、サクラソウ以外に約250種の野草があるそうです。

さいたま市桜区の桜はソメイヨシノの桜ではなく、サクラソウの桜だそうです。
そういえば中浦和駅から公園に来る道の両側が「さくらそう商店街」と書かれていたようです。

この地区では4月18日から20日まで「さくら草まつり」が開催されます。
桜草公園では4月20日に民踊、フォークダンス、野点、などが行われ、茶店や飲食物の販売、
農産物販売があり、植木市が開かれます。
その他、大崎演芸植物園では4月18日から20日まで、浦和駅東西連絡通路でも4月19日、20日に
お祭りがあります。

町の人達のサクラソウに対する思い入れがうかがわれます。  

« 城戸真亜子「静寂の叫び」展 | トップページ | 鶴田一郎・美人画展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田島ヶ原サクラソウ自生地(桜草公園):

« 城戸真亜子「静寂の叫び」展 | トップページ | 鶴田一郎・美人画展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造