« 曽我梅林と松田の街散歩 | トップページ | あーすぷらざとパナソニックの世界遺産スペシャル »

2014年3月 5日 (水)

深大寺の元三大師大祭とだるま市

毎年3月3日、4日に調布市の深大寺で厄除元三大師大祭が行われ、この時だるま市が開かれますが、
これは日本三大だるま市の一つです。深大寺に行って来ました。

その昔、満功上人が法相宗を学び、清水に恵まれているこの地に堂を建て、水神「深沙大王」を祀って
深大寺を開創しました。
平安時代に天台宗に改まり、比叡山中興の祖とされる慈恵大師良源大僧正の自刻像を比叡山から迎えました。
慈恵大師は元日三日に入滅されたので、「元三大師」さまと呼ばれます。
厄除元三大師大祭は深大寺最大のお祭りです。

001  002
小学校前で降りて東参道を行きます              露店が沢山並んでいます

003   山門  深大寺で最も古い建物です

004   005
本堂                                  本堂の正面にはだるま

008   011
元三大師堂                                内陣

010   大師堂の脇にびんずるそんじゃさまがいます
この方は霊力の強いお坊さんで、いつもお堂の外に居ます。
自分の体の具合の悪い所と同じところをさすり、治してもらいます。

006   007
だるまが沢山並んでいます。赤だけでなくいろんな色のだるまや変わっただるまがあります。

030  招き猫がだるまを抱えています。菩提達磨もあります。

009  021
だるま開眼所 すごい行列です お坊さんが左目に阿の字の梵字を書き入れ、かざして魂を入れます

040   買っただるまに阿の字を入れていただきました

境内を散歩します。

012 釈迦堂 釈迦如来椅像 白鳳仏として重要文化財です。
昨年の東京芸大の興福寺仏頭展でも展示されていました。

014   深沙堂

お腹が空いたので名物のそばを食べます。少し静かなところを選びました。

015   017   
深山茶屋に向かう石段                        茶屋売店

016  深山茶屋の門
山かけそばをいただきました。そばが美味しいです。

019   018_2
延命観音  中を覗くと大きな石に延命観音さまが刻まれています 慈覚大師様自刻です
石に刻まれているのですが、袋が掛けてあり少し見にくいです。

022   023
鐘楼                                   鐘を撞くお坊さん

025   そば屋 元祖嶋田屋
古いですね。創業文久年間と書いてあります。 

026_2   027
鬼太郎茶屋                                水木しげるさんの色紙

028  029
茶屋の裏にお化けたちがいました

梅の花もまだ残っていましたので、少し紹介します。

031   釈迦堂の前の梅

033   山門前の紅梅

いよいよ二時からお練り行列が始まります。東門前に講中の人が集まってきました。

034   035
裃を着た講中の人達                         行列が山門に向かいます

036   037
階段を上る講中の人                         山門に向かうお坊さん

038  039
階段を上るお坊さん達                       高僧 貫主様でしょうか

この後、お練り行列の一行は元三大師堂に入り、法要「御影供」が営まれ、声明が唱えられるのですが、
一般の人は元三大師堂には入れませんので、堂までお見送りして帰りました。

深大寺の歴史と伝統を感じた一日でした。

« 曽我梅林と松田の街散歩 | トップページ | あーすぷらざとパナソニックの世界遺産スペシャル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺の元三大師大祭とだるま市:

» 深大寺で護摩焚き [ぱふぅ家のホームページ]
【更新】深大寺(東京・調布)で初詣をした。733年、満功上人によって創建された天台宗別格本山の寺院で、都内では浅草寺に次ぐ古刹である。厄除け、商売繁盛、縁結びの寺として有名だ。深大寺そば、だるま市(毎年3月3日、4日開催)が有名。... [続きを読む]

« 曽我梅林と松田の街散歩 | トップページ | あーすぷらざとパナソニックの世界遺産スペシャル »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造