« JAMSTEC横浜研究所の見学 | トップページ | 日本美術院再興100年・世紀の日本画 後期展 »

2014年3月14日 (金)

遷宮後の伊勢神宮へお参り

昨年、第六十二回の式年遷宮を行った伊勢神宮にお参りして来ました。

一日目は新幹線を豊橋で降りて、二見浦の夫婦岩を見て伊勢志摩の新美里温泉に泊まり、
二日目に伊勢神宮の外宮と内宮をお参りします。

途中岡崎の八丁味噌・カクキュウに立ち寄りました。

003  004
八丁味噌・カクキュウ                        味噌桶
八丁味噌は大豆と塩だけを使い、天然醸造で造ります。
六尺もの大きな桶に沢山の石(3トン)が組んで積まれており、味噌の熟成が進んでいます。
この石組には5年から10年の熟練を要すようで、地震でも落ちたことがないそうです。
何とカクキュウは今川義元の家臣、早川勝久の子孫が創業して約360年、当主は第19代です。

味噌汁の試飲などをして、次の二見浦に向かいました。

006  007
夫婦岩                                鳥居の中に夫婦岩
古来、伊勢神宮にお参りする時に此処二見浦で禊をしたそうです。

005  008
龍王天神を祀る龍宮社                       猿田彦大神を祀る興玉神社 

009  010
手水舎に蛙がいます                        蛙と夫婦岩
蛙は猿田彦大神の使いでした。これ等の蛙は「無事かえる」、「若がえる」などの縁起により、
ご利益を受けた人々の献納によるものです。

今日は新美里温泉に泊まり、明日伊勢神宮をお参りします。

2日目、外宮からお参りします。外宮は左側通行です。
手水舎が道の左側にあるので、左側通行という事です。

011  012
伊勢神宮外宮 正宮                         写真撮影は鳥居の前まで
総檜造りの新しいお宮で、屋根の萱葺きも真っ新で綺麗です。

036   外宮 御正殿
板垣、外玉垣、内玉垣などで囲まれた、御正殿は図録で見るとこのように造られています。
屋根の上の鰹木は9本です。

013  014
古殿地にある前の正宮  檜の色が変わり、萱も傷んでいます
前の正宮が見られるのは3月までで、その後解体されます。
解体された棟持柱は宇治橋の鳥居に使われます。そのほかの木材も全国の神社に送られます。
次に外宮の別宮にお参りします。

015 016
多賀宮                                風宮
豊受大御神の荒御魂をお祀りする別宮です。        風の神をお祀りする別宮 
すでに遷宮されています。                    遷宮前の宮です

017  018
土宮 宮域の地主の神としてお祀りされています  横から見ると萱の傷んでいるのが分ります。

いよいよ内宮に入ります。

019 020
宇治橋を渡ります。内宮は右側通行です。         五十鈴川の御手洗場
                                     綺麗な水が流れています。

正宮にお参りする前にまず、風日祈宮(かざひのみのみや)にお参りします。

021  022
風日祈宮橋                             風日祈宮
風の神を祀る別宮です。鎌倉時代の元寇の時、神風を吹かせて日本を守った神様です。
遷宮はまだのようでした。

いよいよ内宮正宮にお参りします。

023 024
伊勢神宮内宮 正宮                          写真撮影は石段の前まで
総檜造りの御正宮です。格調高い荘厳な宮です。
厳粛な気持ちでお参りします。

035  内宮 正宮  御正殿
中には入れませんので、図録の写真を載せます。
内宮正宮は板垣、外玉垣、内玉垣、蕃垣、瑞垣の五重の垣で囲まれ、中に御正殿があります。
堂々たる御正殿、写真では見えていませんが、屋根の上の鰹木は10本です。

次に別宮の荒祭宮をお参りします。

025 026
荒祭宮  こちらも内宮、外宮の御正宮に続き、昨年遷宮が行われました。
内宮第一の別宮で、天照大御神の荒御魂(活動的な神霊)をお祀りしています。
その為、人々にとって最もご利益がある神様です。

027  028
神楽殿                                 皇大神宮の案内


伊勢神宮には別宮14社の他にも摂社、末社など属する宮社は125社あるそうですが、今までに
内宮、外宮と別宮5社をお参りしましたので、今回のお参りはこれで終わり、次におはらい町に行って、
緊張をほぐし、楽しむことにしました。

029 030
おはらい町                                おかげ横丁
先ず、おはらい町に入って直ぐの二光堂で名物の伊勢うどんを注文しました。
トッピングを沢山、アツアツの柔らかあんかけうどんです。歯ごたえのないうどんですが、
お腹に優しそうで、何故か美味しく、いくらでも食べられそうです。

少し先の魚屋さんで行列に並び、焼き立ての的矢牡蠣をハフハフ、パクパク。

おかげ横丁の中に入りました。

031  032
おかげ座                               昔懐かしいたばこ屋

033  034
はいからさん                           射的もありました
文明開化の香り漂う洋食屋さんでコーヒーを飲みました。
他にも伊勢の老舗牛肉屋、「豚捨」で揚げたてのコロッケを食べました。ホカホカ美味しい!

お土産も色々買って伊勢神宮を後にしました。

少し風がありましたが、そんなに寒くもなく、晴れて明るい、楽しい旅行でした。
次の20年後の遷宮の時も伊勢神宮に参りたいものです。

« JAMSTEC横浜研究所の見学 | トップページ | 日本美術院再興100年・世紀の日本画 後期展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

心のハレっていいですよね?

こんにちは。
誕生日の暦から今の自分、未来の自分がわかります☆
暗い時代が終わり安定した価値観が見直される時代になりました。
あなたもぜひ、ハレを実感するために読んでみませんか?

個人相談がついた電子本「ハレる運命☆2014」は
http://birthday-energy.co.jp
にて配信中です!

私はBEを知って、人生の道しるべを得ました!悩むより相談ですよね!!
東洋史観の見方を参考にしてご自分の人生を改良してくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遷宮後の伊勢神宮へお参り:

« JAMSTEC横浜研究所の見学 | トップページ | 日本美術院再興100年・世紀の日本画 後期展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造