« 麻生不動尊だるま市 | トップページ | 下村観山展・横浜美術館 »

2014年2月 2日 (日)

眞葛焼・宮川香山

神奈川県立歴史博物館で開催されている「眞葛焼」を見てきました。

眞葛焼は京都の陶工、宮川香山が横浜に眞葛窯を築いて、超絶技巧の陶芸作品を作成し、
万国博覧会などで世界に認められるやきものになりました。
宮川香山は帝室技芸員となり、外貨獲得に貢献します。

001  002
神奈川県立歴史博物館                       正面入り口

003    眞葛焼の案内

004   眞葛焼チラシ
掲載されているのは「桜に群鳩花瓶」

超絶技巧の作品を図録から一部ご紹介します。

006  007
高浮彫牡丹に眠猫覚醒蓋付水指                高浮彫群鳩飛来花瓶
見事な浮彫の牡丹です。目覚めた猫が可愛いですね。   花瓶3個を合わせた形です。
                                      浮彫の鳩が5、6羽います。

008  009
高浮彫桜に群鳩花瓶                         高浮彫金彩孔雀大花瓶
桜の花と鳩を4面から見ます。                   花瓶の裏に孔雀が大きな羽を広げています。

010  011
高浮彫四窓遊蛙獅子蓋付壺                  高浮彫葡萄の蔓に蜂の巣花瓶
蓋に獅子が付き、四面の窓で蛙が遊んでいます。     蜂を捕まえようとする雀が描かれています。

012  高浮彫南天に鶉花瓶
南天の実や葉の細かい細工、鶉の羽も細やかです。

013  014
紫釉盛絵杜若花瓶                         色嵌釉紫陽花花瓶
色絵の上に釉薬を施し(釉下彩)淡い仕上がりです。    紫陽花の花の白と黒い葉のコントラストが素敵。

015  高取釉渡蟹水盤
2匹の蟹が水盤の上に見事に造形されています。
蟹の爪や甲羅の色、模様など、まるで生きているようです。
同じ様式の渡蟹水盤があと二点あり、ひとつは重要文化財に指定されています。

016  017
色絵香炉                               黄釉青竹に群雀文香炉

018   色染付椿に文鳥花瓶
これは二代宮川香山の作品です。

これ等の他にも沢山の襞のある老木から、籠に乗って茸を採取するところを表した花瓶や
大鷲が鯛を捕えた高浮彫のある花瓶などため息が出るような見事な作品がありました。
高浮彫は窯で焼くときの収縮度合いの違いから、いびつになったり、壊れたりすることも多々あったと
思います。

残念ながら、戦時の大空襲の被害が大きく、眞葛焼は復興されず幕を閉じてしまったそうです。

この展覧会は3月2日まで開催されています。

 神奈川県立歴史博物館
     横浜市中区南仲通5-60
        Tel 045-201-0926

 

« 麻生不動尊だるま市 | トップページ | 下村観山展・横浜美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眞葛焼・宮川香山:

« 麻生不動尊だるま市 | トップページ | 下村観山展・横浜美術館 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造