« 板谷波山没後50年・大回顧展 | トップページ | 深大寺の元三大師大祭とだるま市 »

2014年2月27日 (木)

曽我梅林と松田の街散歩

少し暖かくなり、梅もほころんだのではないかと小田原の曽我梅林に行って来ました。

小田原の梅まつりは2月1日から3月2日までの予定でしたが、寒さで梅の開花が遅れ、3月6日まで
延期されたと聞いています。

024  小田原梅まつりのチラシ

曽我梅林は、水戸偕楽園、埼玉越生梅林と並び、関東三大梅林と言われています。
白梅が35000本あるそうです。又、チラシでは会場から雄大な富士山が見えるようです。

001   003
小田急線 新松田駅                       JR御殿場線 松田駅

小田急線の新松田駅とJR御殿場線の松田駅が向かい合わせくらいの近くにあります。

002   バスターミナルは二つの駅の間にあります。
バスでも行けるのですが、今日は御殿場線で下曽我駅に向かいます。
御殿場線は本数が少ないので、時間をチェックしておく必要があります。

004   005
JR松田駅ホームから松田山ハーブガーデンを望みます。  右のほうには富士山が見えます。
松田の河津桜はまだ5分咲きくらい。               白い富士山がかすかに見えるでしょうか。

006  梅の里センター
下曽我駅を降りて右に行くと直ぐに梅の里センターがあります。
ここにはいろいろな資料もあり、梅を使ったお菓子などのお土産があります。
又、小田原の十郎梅の長期熟成品が展示してあります。
いよいよ梅林に向かいます。

008  009
曽我梅林(原梅林)の白梅                       白梅のアップ

011   010
枝垂れの紅梅                                紅梅のアップ

奥の別所梅林には食堂や土産物屋があります。

012   013
うめの里食堂                               枝垂れ梅の群生

015   鮮やかな紅梅の枝垂れです

少し先の県道近くに行くとアイス工房があります。

016   アイス工房
イチゴと抹茶のダブルをいただきました。美味しい!

018   019
枝垂れ梅群                               土手に上がって遠景を

売店で少しお土産を買い、下曽我駅に戻ります。

御殿場線で松田に戻り、街を散歩します。

025  まつだ桜まつりチラシ
松田の桜まつりは始まっていますが、河津桜が5分咲き程度なのが見えますので、山の上のハーブガーデン
には行かず、街を散歩します。
先ず、中澤酒造に行きました。

020   021
中澤酒造入口                             向かいの売店、試飲所
中澤酒造は江戸時代、1825年創業の歴史ある蔵元です。
丹沢山系の伏流水を使って、全て手づくりのお酒を造っています。
松田山の河津桜の花びらから分離した酵母を使ったお酒も造っているそうです。

023   お土産のお酒
お土産に、純米生原酒 松みどり(しぼりたて)と、松みどり(にごり酒)を買いました。

お腹も空いてきましたので、ファミリー通りの先の割烹料理、千代田屋に入りました。
ここは新鮮な魚料理が人気です。
生き鯵のたたきを注文しました。
新鮮な鯵が歯ごたえがあってとても美味しいです。
食事が終わるまで鯵の頭や口がヒクヒクと動いていました。

更に中町通りを行くと、婦人服のナカムラで、つるしびなの展示がありました。

022   つるしびな
ひな人形の代わりに手づくりでおひな様や動物、魚、おもちゃなどを作り、子供の成長を願ったそうです。
沢山のつるしびながありました。

梅林の梅と街の散歩に満足して帰りました。

« 板谷波山没後50年・大回顧展 | トップページ | 深大寺の元三大師大祭とだるま市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曽我梅林と松田の街散歩:

« 板谷波山没後50年・大回顧展 | トップページ | 深大寺の元三大師大祭とだるま市 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造