« 下村観山展・横浜美術館 | トップページ | 人間国宝展・日本美術の祭典 »

2014年2月15日 (土)

JAG東京小品展

世田谷美術館で開催されているJAG東京小品展を見て来ました。

日本芸術家協会が主催するJAG東京小品展が世田谷美術館で開催されています。

Jag_023_2  Jag_024_3
世田谷美術館                         美術展の案内
                               今回は岸田吟香・劉生・麗子の展覧会です

私はこの本展ではなく、区民ギャラリーBで展示されているJAG東京小品展がお目当てです。

Jag_025_2   JAG東京小品展の案内ポストカード

ギャラリーに入って直ぐの左の壁に目を引く絵がありました。

Jag_001   Jag_002_2
「ご帰宅」 山崎信榮                        「ボトルズ」 山崎信榮
緻密な描写とカラフルな色づかいのファンタスティックな絵です。
じっと眺めていると受付に居た男性が来て、「それは私の絵です」と言って説明してくれました。
この絵は水彩画ですが彼は版画も描いていて、以前にルーブル美術館の版画展に出品したそうです。
凄い!!

この絵から右伝いに見て回りました。

Jag_003  Jag_004
「ホープロッジ」 中村信                      「ワインの香り」 高口禎之
馬に乗る子供がカッコいい。                 ワイングラスとボトルに当たる光がいいですね。

Jag_005   「八ヶ岳五月」 小笠原裕
遥かに雪を抱く八ヶ岳、登ってみたいですね。

Jag_006   Jag_007
「大正レトロの街」 梅津浩平                    「山野草の詩」 江川宏
                                    アザミでしょうか、少し光ってしまいました。

Jag_008   Jag_009
「上高地・河童橋」 邉見暢宏                   「魚の楽園」 中村佳子
                               楽しい絵です。おとぎの国の魚たちが沢山泳いでいます。

Jag_010  Jag_011
「憂(うれい)」 関みさ子                      「街角(パリ)」 安岡英雄
観音さまの目に涙が。                     萩須高徳さんとユトリロのイメージ  

Jag_012   Jag_014
「春待(大山)」 五十嵐誠                     「ロンダ」 森典彦
大山もいいところです。                    断崖の上に住宅群、夕焼けでしょうか。

Jag_013   「希望」 寺尾浩充
人の顔が1、2、3、、、何かを待っているようです。

Jag_015    Jag_016
「古城」 今野利男                         「Cafe(銀座)」 萩原勉
                                   こちらも萩須高徳さん風

Jag_017   Jag_018
「ばら」 小原晃                           「世代(壮年期)」 佐藤千晶
                                    ピカソ風でいいですね

Jag_020  Jag_021
「ボマルツオ(伊)」 納富誠                  「冬の奥飛騨」 吉岡一男
お城のようです                         関東にも大雪が降りました

Jag_019    Jag_022
ジョルジュ・ド・ラ・トウール「聖ヨセフ」模写           「プリヴィッツエ(Ⅱ)」 中野富夫
  岸本厚美  光の描写が素敵です             ヨーロッパには綺麗な街並みがあります。

これ等の他にも沢山の絵があり、じっくりと見て楽しみました。
この展覧会は2月16日まで開催されています。  

 

« 下村観山展・横浜美術館 | トップページ | 人間国宝展・日本美術の祭典 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAG東京小品展:

« 下村観山展・横浜美術館 | トップページ | 人間国宝展・日本美術の祭典 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造