« ブリヂストン美術館・カイユボット展 | トップページ | 星星會展・日本橋高島屋 »

2014年1月 8日 (水)

武蔵野吉祥七福神めぐり

武蔵野吉祥七福神めぐりをして来ました。

武蔵野市、吉祥寺東町及び三鷹市井の頭に亘る七福神めぐりです。

025  七福神めぐりの案内チラシ
七福神の簡単な説明とバスの運行ルート、地図も掲載されています。

先ず、武蔵境駅を降りて境南町の杵築大社へ向かいます。

001  002
杵築大社                               本殿
御祭神は大国主大神(大黒様)と事代主大神(恵比寿様)です。
松平直正公がこの地に出雲の杵築大社(出雲大社)を創建しました。

003  恵比寿神  右隣に大黒様

ここで七福神めぐり色紙セットを購入。
セットは2000円ですが、全ての御朱印代も含まれ、七福神めぐりバスの一日乗車券が付いており、
武蔵野地粉うどんのお土産付きです。親切な気配りのあるセットです。
更に、私は「金の巳」色紙が当たりましたので、キーホルダーまでいただきました。

意気揚々と歩いて次の延命寺へ向かいます。
線路を超えてグリーンパーク遊歩道を歩きます。

005  006
遊歩道にある、ぎんなん橋                   遊歩道のコース案内

五日市街道に入り、八幡町の延命寺に着きました。

008  009
延命寺                                本殿
真言宗智山派  本尊 文殊菩薩  七福神は毘沙門天と寿老人です

011  毘沙門天

012  寿老人

ここで甘酒をいただきました。

ここから次の大法禅寺までは少し距離がありますので、バスに乗ることにしました。
頂いたバス券を提示してバスに乗り込みます。
吉祥寺東町の大法禅寺に着きました。

013  大法禅寺

臨済宗妙心寺派 金谷山大法禅寺  本尊 釈迦牟尼仏

014  釈迦苦行像 ガリガリに痩せています

026  福禄寿
肝心の福禄寿を写し忘れ、七福神めぐりのチラシを映しましたので、ぼけています

同じ吉祥寺東町に武蔵野八幡宮と安養寺があります。

015  016
武蔵野八幡宮                            大黒様

武蔵野八幡宮の御祭神は応神天皇とその母君、姫君です。
坂上田村麻呂の創建と伝わります。

028  大黒様
社の中の大黒様が見えにくかったので、チラシを映しました。

次に安養寺に向かいます。

017  018
安養寺                                本殿
真言宗豊山派 岸光山吉祥院安養寺  本尊 不動明王

020  布袋尊
日陰で見にくいですが、太っ腹と笑顔が可愛いです。

最後は井の頭公園にある弁財天ですが、お腹もへってきましたので、武蔵野地粉の美味しいうどんを
食べる事にしました。
JR中央線を越えて、吉祥寺南町にある「やぶ浅」に入りました。

021

ここは蕎麦屋ですが、七福神めぐりの案内にもあるように、武蔵野地粉を使ったうどんも作っています。
味噌煮込みうどんを注文し、熱くて美味しいうどんを食べて、汗がでてきました。

いよいよ井の頭公園に向かいます。

023 井の頭弁財天

残念ながら弁財天は秘仏で12年に一度(巳年)しかご開帳されません。
伝教大師、最澄の作と伝わります。
ここの弁財天は琵琶を持たず、八本の手の八臂像で頭上に宇賀神を載せているそうです。見てみたいものです。

024  奥には銭洗い弁天 がありました
私も100円硬貨を洗ってお守りにする事にしました。

これで七福神めぐりは完了です。

井の頭公園をもう少し散歩して、吉祥寺の街のウィンドウショッピングを楽しんで帰ります。


« ブリヂストン美術館・カイユボット展 | トップページ | 星星會展・日本橋高島屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野吉祥七福神めぐり:

« ブリヂストン美術館・カイユボット展 | トップページ | 星星會展・日本橋高島屋 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造