« 近代日本の花鳥画展 | トップページ | 和光・伝統を更新する「承」展 »

2013年12月16日 (月)

陶SOUJI・大久保陽平展

LIXILギャラリーで開催されているー陶 SOUJI-大久保陽平展を見てきました。

大久保陽平さんは京都造形芸術大学陶芸コースを卒業された陶芸家ですが、今回は「掃除シリーズ」として、
掃除機やモップなどを陶芸作品に造り、展示しています。

001  「SOJIKI] 2012
本当の電気掃除機のように見えます。本体や筒、吸い取り部分など、パーツに分けることができるそうです。
面白い発想ですね。

002  これは加湿器でしょうか

003  モップ、カーペットクリーナーなど

004  「mop] 2013
布や柄、金具、みんな陶器ですが、間違って掃除に使ってしまいそうです。

005  スポンジまでありました

大久保さんは、陶芸が人の生活に密接で、切り離せないものと感じていて、他の素材でできている日用品、
既製品を陶芸で造ることを考えたそうです。

他には、「液晶TV」や「TAIYAKI](古タイヤを何段も重ねた作品)、「キーボード花瓶」(15点の花瓶が
壊れた形からだんだん修復されて、完成した壺になる)など、これまでに見られなかったような作品を
発表しています。

一風変わった面白い展覧会でした。
この展覧会は12月24日まで開催されています。

 LIXILギャラリー 
    東京都中央区京橋3-6-18 LIXIL:GINZA 2F
         Tel 03-5250-6530

 

« 近代日本の花鳥画展 | トップページ | 和光・伝統を更新する「承」展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶SOUJI・大久保陽平展:

« 近代日本の花鳥画展 | トップページ | 和光・伝統を更新する「承」展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造