« 郷さくら美術館・花に魅せられた画家たち | トップページ | 田園調布散歩とみぞえアートギャラリー »

2013年12月 2日 (月)

鎌倉、建長寺と天園ハイキング

鎌倉の建長寺を散策して、半僧坊から天園ハイキングコースを歩きました。

北鎌倉駅から建長寺に向かおうとすると、すでに駅は大渋滞でした。
小さな駅と狭い道なので、明月院入口までは人の波でしたが、やっと空いてきました。
建長寺の惣門を入ります。

001 総門前には修学旅行生など沢山の人

003  004
山門(三解脱門)                          仏殿
二階に釈迦如来像、五百羅漢像などがあります       本尊は5mの地蔵菩薩像です
                                     他にも千手観音菩薩像など

005  法堂  小泉淳作記念鎌倉芸術祭の会場
法堂の天井に小泉淳作画伯の大きな雲龍図があります。
迫力のある龍が玉を掴んでこちらを睨んでいます。
堂の壁に作品が展示してあります。

033  「わたしの博物誌」 芸術祭大賞 建長寺賞
草木や太陽などを背景に大きな鳥が飛んでいるように見えます。希望の鳥でしょうか。

034  「叢の鳥」 建仁寺賞
金箔の草木の中に、キジやカラスなどの鳥が八羽ほど群がっているのですが、不思議な
静謐感があります。

035  
他に、東大寺賞、鎌倉芸術祭賞と入選作品二十数点がありました。

さらに奥へ向かいます。

006  唐門

007  008
心字池                                  庭の紅葉

010  ヒメツルソバ

011  012
半僧坊へ向かう石段と紅葉                   天狗像(大2体、小10体あります)

013  大天狗像

石段を登ると半僧坊です。見晴らしがよく、眼下に鎌倉の山や相模湾が広がります。
右上には富士山がくっきりと見えます。

015   016
相模湾                                 富士山
半僧坊でも見晴らしがよく、相模湾と富士山が見えますが、その先の天園ハイキングコースに入った所の
展望台でもっとよい眺めでした。

太平山の開けた草地で昼食のおにぎりをいただきます。
あちらこちらでお弁当タイムです。

017  大平山からは横浜のランドマークタワーが見えました。

お昼の休憩が終わり、先に進みます。

018 十王岩

019  やぐら
光の具合で見にくいですが、右から閻魔、観音、地蔵の像が彫られています。

更にハイキングコースを進み、途中右にそれて覚園寺に向かう道に入った所に、百八やぐらがあります。
本当に沢山の洞が彫られ、中に地蔵やいろいろな仏像があります。

020 022

023  024

やぐらの上の段にまたやぐらがあり、小さな山を取り囲むようにやぐらのアパートがあります。
本当に百八のやぐらがありそうです。
当時このやぐらを彫った人々のことを思うと何か厳粛な気持ちになりました。
ただ、多数の像の頭がなくなっているのが残念で、痛ましい思いでした。

もとの道に戻り、天園に向かいます。

025 026
天園には2軒の茶屋があります。
茶屋に寄るのはこの次にして、先に進み、瑞泉寺に向かいます。

027  028
瑞泉寺の案内                          本殿

029  030
天女洞                               庭の紅葉

031  皇帝ダリアの花が咲いていました

花の寺と言われる瑞泉寺は、梅や桜など四季を通して様々な花が楽しめるそうです。
又、寺を囲む山々の紅葉が錦の屏風のように美しいことから、錦屏山と山号が付けられたそうです。

これで天園ハイキングを終わり、鎌倉宮からバスで鎌倉駅に帰りました。
建長寺から瑞泉寺まで約5、5Kmあり、石段が200段以上、急な登り、下りもあり、岩場もあって、
なかなか変化に富み、景色も良く、楽しいハイキングコースでした。

                     
    
     

« 郷さくら美術館・花に魅せられた画家たち | トップページ | 田園調布散歩とみぞえアートギャラリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして、景色がきれいですね!とくに、紅葉

ブログを見ていただきありがとうございます。当日は快晴の天気で景色も紅葉も鮮やかに見えました。
ハイキングの途中で、元気な幼稚園の子供たちが走ってくるのに出会い、驚きました。
私は少々足が疲れました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉、建長寺と天園ハイキング:

« 郷さくら美術館・花に魅せられた画家たち | トップページ | 田園調布散歩とみぞえアートギャラリー »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造