« 向井潤吉と四季・秋展 | トップページ | 陶SOUJI・大久保陽平展 »

2013年12月15日 (日)

近代日本の花鳥画展

文京区関口の講談社野間記念館で近代日本の花鳥画展を見てきました。
チラシとポストカードから一部ご紹介します。

001  チラシ 
 左の絵は荒木十畝「秋」 右の絵は荒木十畝「春」

002  「白鷺」横山大観

003  「夜梅」横山大観

004  「朱華琉璃鳥」速水御舟

005  「四季花鳥」部分 山口蓬春

3_001  「四季花鳥」 小茂田青樹

3_002 「黄昏」 荒木十畝

3_003  「五位鷺」 池上秀畝

3_004  「菊花」 速水御舟

これ等の他、横山大観の六曲一双の「松鶴図」屏風、荒木十畝の六曲一双の「松」の屏風などの
大型の絵画に加え、一月から十二月まで各月を代表する花鳥を描いた、小茂田青樹の十二ヵ月図や
色紙に十二ヵ月図を描いた、荒木十畝、永田春水、池上秀畝、樫山南風、山口蓬春、中村岳陵など
十名の画家の作品が展示されていました。

四季折々の花や鳥などの絵を見ていると、その生き生きとした姿や美しい色彩に、気持ちが清々しくなります。
心が満たされて野間記念館を後にしました。

残念ながらこの展覧会は12月15日までですが、来年1月11日からは「十二ヵ月図の世界展」が
開催されます。

 講談社野間記念館
    東京都文京区関口2-11-30
        Tel  03-3945-0947

 

« 向井潤吉と四季・秋展 | トップページ | 陶SOUJI・大久保陽平展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近代日本の花鳥画展:

« 向井潤吉と四季・秋展 | トップページ | 陶SOUJI・大久保陽平展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造