« 平櫛田中彫刻美術館 | トップページ | 横須賀小旅行 »

2013年8月 7日 (水)

たばこと塩の博物館物語

渋谷にある「たばこと塩の博物館」の展示を見てきました。

「たばこと塩の博物館」は渋谷で35年間、様々な展示を行ってきましたが、今年9月1日に休館し、
墨田区に移転するそうです。
博物館では、これまで、きせる、たばこ盆などの喫煙具や喫煙風俗を描いた浮世絵、版画等の絵画を中心に
4万点に及ぶ資料を収集していますが、これらの中から特色あるコレクションを展示しています。

当日はフラッシュなしの撮影が可能でしたので、沢山の展示の中からほんの一部ですが、ご紹介します。
4階の展示から、順に見ていきました。

001 いきなりイギリスの大きな岩塩がありました

002  003
展示室入口                              過去の展示会ポスター

004  005
たばこのパッケージ

006  マッチのラベル

007  008
たばこ盆(紀州徳川家の売立で購入)              黒地葵紋付たばこ盆

009  キセル

010  縁台美人喫煙図  山崎龍女

011  014
腰差たばこ入れ                          田中富吉とたばこデザイン関係資料


015  016
岩塩1、2トン ポーランドヴェリチカ産              マリの岩塩と整形用具

017  塩の結晶工作 帆船「カティサーク号」

018  たばこコレクション

019  020
葉たばこと種子                             世界のたばこアラカルト

021  マヤの石碑?
                              マヤの絵文書に描かれている神の喫煙図
たばこと塩の博物館のシンボルマークの由来となったものです。

ポストカードから浮世絵を3点紹介します。

023  024
扇谷内花扇  喜多川歌麿                   岩井喜代太郎の金神長五郎
                                      歌川豊国

025  汐くみ  菊川英山

まだまだ沢山あって、とても紹介しきれません。
今回の特別展は4階で、3階は日本の塩・世界の塩、2階は日本のたばこ、中2階はたばこの来た道、
1階は視聴覚ホールがあります。

墨田区の新博物館にも行ってみたいと思います。

たばこと塩の博物館
       東京都渋谷区神南1-16-8
         Tel 03-3476-2041     入館料 100円





























  






























« 平櫛田中彫刻美術館 | トップページ | 横須賀小旅行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たばこと塩の博物館物語:

« 平櫛田中彫刻美術館 | トップページ | 横須賀小旅行 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造