« プーシキン美術館展 | トップページ | 平櫛田中彫刻美術館 »

2013年8月 5日 (月)

玉川上水遊歩道の散歩

玉川上水に並行している遊歩道を散歩して来ました。

玉川上水は17世紀半ばに造られた水路で、多摩川の水を羽村市で取り入れ、新宿の四谷大木戸まで
全長43キロにわたって掘られた上水路です。
近年水道が普及して玉川上水はその役割を終え、空堀の状態でしたが、昭和61年東京都の
清流復活事業により、流れが甦っています。

西武国分寺線・鷹の台駅から遊歩道に入りました。

001  004
遊歩道の両側に大きな木があります             道の中にも木が聳えています
日が照っていても遊歩道はさわやかです。

002  003
いこい橋                                上水公園

005 清流復活事業の案内板

006  上水に鯉が泳いでいます

007  道の真ん中に大きな切株

武蔵野美術大学の先、小平西高のところで引き返しました。

008  二股の木があります
遊歩道にある木はクヌギ、コナラ、イヌシデなどです。

009  すいしゃ橋

010  011
西武国分寺線を越えたところに野外ギャラリーがありました。

012  013
上水の流れ                             うさぎはし

014  新堀用水 上水に並行して造られています

015  016
道の真ん中に大きな木                       クヌギの表示があります

1万歩以上歩きましたので、引き揚げることにしました。
西武多摩湖線・一橋学園駅に向かいます。
途中には平櫛田中彫刻美術館があります。

玉川上水遊歩道は、狭いですが木立の中の爽やかな、気持ちの良い道で、橋も多く、公園や
大学など、見どころも沢山の散歩道でした。












































« プーシキン美術館展 | トップページ | 平櫛田中彫刻美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉川上水遊歩道の散歩:

« プーシキン美術館展 | トップページ | 平櫛田中彫刻美術館 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造