« 驚異的な写真芸術、アンドレアス・グルスキー展 | トップページ | 日本のふるさとを描いた川合玉堂 »

2013年7月 7日 (日)

福来猫アトム&プラム

六本木のアートアンリミテッドで、西ノ宮佳代さんのモザイク猫を見てきました。

西ノ宮佳代さんは東京芸大で油画を専攻され、博士課程を修了しましたが、好きなモザイクに打ち込み、
モザイクを立体にして、彫刻ならぬモザイク猫を制作しています。

2007年には平山郁夫賞を受賞。
2007,8年には群馬県わたらせアートプロジェクト、茨城県、壁画によるまちづくりに参加。

数年前から六本木のギャラリー・アートアンリミテッドで個展を開いています。

001 アートアンリミテッドのあるダイヤビル入口

002 ギャラリー入口

003 福来猫アトム&プラム
46x32、5x26、5cm
大理石などを積み重ねた立体モザイクの猫です。
モザイクの材料には、大理石、天然石、陶片、タイル、貝殻、ガラス、金属、木材などが使われています。
このような立体作品は初めて見ました。
大変ユニークな楽しい、可愛らしい作品です。

2_001 

2_002 リボンが付いています

2_003  2_004
猫の“だるま”

西ノ宮さんは油絵も描かれますが、やはりこのモザイクの猫が可愛らしくて大人気のようです。
購入予約済の猫が沢山ありました。

この個展は7月20日まで開催されています。

  ギャラリー・アートアンリミテッド
          港区南青山1-26-4六本木ダイヤビル3F
                Tel 03-6805-5280

















« 驚異的な写真芸術、アンドレアス・グルスキー展 | トップページ | 日本のふるさとを描いた川合玉堂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福来猫アトム&プラム:

« 驚異的な写真芸術、アンドレアス・グルスキー展 | トップページ | 日本のふるさとを描いた川合玉堂 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造