« ユトリロ展 | トップページ | 北鎌倉ハイキング »

2013年6月22日 (土)

バーニー・フュークス展

代官山ヒルサイドテラスC棟のジ・オブセッション・ギャラリーで開催されている
「バーニー・フュークス展」を見てきました。

バーニー・フュークスはアメリカ、イリノイ州生まれのイラストレーターですが、30歳でニューヨークの
アーティスト協会からアーティスト・オブ・イヤーに指名され、翌年にはハミルトン・キング賞を受賞するなど
高く評価されました。

J.F.ケネディを初めとする歴代大統領やゴルフ、野球など輝くアメリカの一瞬を描き、自動車の広告では
車を持つ楽しさが伝わってくるような、対象の本質を描くイラストレーターでした。


001 J.F.ケネディの肖像
この肖像画は、最初(1962年)に描かれてから25年後に再び描かれたものです。
最初の時はキューバ危機の真っ最中でした。
翌年にはケネディは暗殺されてしまいます。
このイコンともいうべき肖像画には慎重に考慮する大統領が描かれているようです。

003 エリザベス女王
エリザベス女王からも依頼されて肖像画を描いています。

004 005
Baseball Opening Day                     Batting Practice
野球の躍動感、楽しさが伝わってきます。

006 Shot Against the Sunset

007 The Golf World
ゴルフ場の木漏れ日が素晴らしく描かれています

008 009
Street In Rome                         Via di Ripetta In Rome
晩年は娘のいるイタリアで、好んで風景画をかきました。

010 011
Two Girls                             Little Sister with Pitcher

バーニー・フュークスの絵は、まず全体に絵の具を塗り、その後テレピン油を染み込ませた布で、
明るくしたい部分を拭き取る“消し取り描法”という方法で描かれているそうです。
絵が、もやっと滲んだ感じに仕上げられています。
そして明るい光の表現が素晴らしく、現代の印象派と称されています。

展示されている絵の約半数が油彩で、残りが“ジークレー”という新しい技法で描かれた絵でした。
“ジークレー”とは絵のデジタルデータを最新のプリント技術を使い、作家の監修の下、最適な
素材にプリントするものです。


この展覧会は6月30日まで開催されています。






























 

« ユトリロ展 | トップページ | 北鎌倉ハイキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・フュークス展:

« ユトリロ展 | トップページ | 北鎌倉ハイキング »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造