« 4年ぶりの神田祭 | トップページ | 善光寺出開帳 両国回向院 »

2013年5月17日 (金)

アーツ千代田で神田祭の祭礼図鑑展示

アーツ千代田3331の特別企画展「祭礼図巻に見る江戸の粋」を見てきました。

神田明神の近く、外神田6丁目にあるアーツ千代田では、神田祭に合わせて「祭礼図巻」を
展示しています。
この図巻には江戸~明治期の神田祭の神幸祭と附け祭の様子が克明に描かれています。
3巻全長49、8mに及ぶ巻物を最新の技術で複製し、実寸大で展示しています。

001 アーツ千代田3331入り口(元練成中学)

002  003
神田明神祭礼図巻                       十二支の行列と大幡

004   006
八将神                              大江山の鬼賊退治

005猿の神楽舞

007   013
猪に乗る金太郎                          大鯰と要石

011   012
羽衣舞台                               天岩戸の天照大神

014 十五童子(金財童子、稲籾童子など)


図巻の他、山車人形や神田祭の資料、神輿の担ぎ棒、町会の神輿と半纏なども展示されています。

015 山車人形 熊坂

009  010
立版古(おもちゃ絵) 関羽                      飛騨匠棟上人形
江戸時代後期から明治期にかけて流行した組み立ておもちゃ絵。
歌舞伎を描いたものが多いが、神田では祭を題材にした山車などの絵が描かれた。

008   016
担ぎ棒 5,3m                          神輿と半纏

この他、神田祭の昔の映像や建築家にして画家の木下栄三さんの「神田日和」という作品展がありました。
木下栄三さんの作品は、スケッチに彩色したものですが、大変細かく、緻密で素晴らしい絵です。
神田の町の他、皇居と江戸城の詳細な絵があり、又、花などの植物や魚類、色々な道具
の絵はまるで図鑑を見ているようです。
祭の展示を楽しく見ていましたが、木下さんの絵の前では、美術館に入ったような気持ちになりました。

 アーツ千代田3331     千代田区外神田6-11-14
                     Tel 03-6803-2441
 この展覧会は5月19日まで開かれています   無料です

« 4年ぶりの神田祭 | トップページ | 善光寺出開帳 両国回向院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーツ千代田で神田祭の祭礼図鑑展示:

« 4年ぶりの神田祭 | トップページ | 善光寺出開帳 両国回向院 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造