« 吉野梅郷ハイキング | トップページ | 町田尾根緑道さくらめぐり »

2013年3月24日 (日)

みんなの家(陸前高田市)

乃木坂にあるTOTOギャラリー「間」に「みんなの家」を見に行って来ました。

008 TOTO乃木坂ビル入り口

「みんなの家」は建築家の伊東豊雄さんが呼びかけて、乾久美子さん、藤本壮介さん、
平田晃久さんの3人の建築家の方々と写真家の畠山直哉さん、そして地元、陸前高田の
菅原きみ子さんが参加して、震災後のこの地にみんなが住む家を建てようとするものです。

東日本大震災により壊滅的な打撃を受けた陸前高田市。
「ここに、建築は、可能か」と言う重いテーマで、人々が集まる場所「みんなの家」を造る事
は、現在の建築を見直し、建築本来の意味を問い直すものです。

1年に亘る製作、検討過程を120点にもおよぶ模型や図面、記録映像でドキュメントし、
又、震災前、震災直後、現在の陸前高田市の写真が展示してあります。

このプロジェクトは2012年8月末から11月末に行われたベネチア・ビエンナーレ国際
建築展の日本館に展示され、最高の金獅子賞を受賞しました。

「みんなの家」はビエンナーレ会期中に竣工し、地元の方々のコミュニティ再生の拠点
として活用されています。
「みんなの家」は岩手県、宮城県の他、豪雨の被害のあった熊本県阿蘇市に完成。

002 003
試作模型の数々

004 中庭に陸前高田市のパノラマ写真
陸前高田の「みんなの家」の丸太柱と同じ伐採地の杉丸太による構築物もあります

005 006
震災直後の写真など                         みんなの家

007001
  「みんなの家」最終案の模型


「みんなの家」プロジェクトのコミッショナーをされた伊東豊雄さんは、建築会のノーベル賞
と言われる米プリツカー賞の今年の受賞者に選ばれました。
日本人では丹下健三さん、安藤忠雄さんらに続き6人目の受賞です。

伊藤さんは文化施設「せんだいメディアテーク」や「座・高円寺」などの作品があり、2002
年にベネチア・ビエンナーレ国際建築展の金獅子賞、2006年に王立英国建築家協会の
ロイヤルゴールドメダルを受賞しました。


 TOTOギャラリー・間
        港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
           (展示は残念ながら3月23日で終了しました)

 

« 吉野梅郷ハイキング | トップページ | 町田尾根緑道さくらめぐり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなの家(陸前高田市):

« 吉野梅郷ハイキング | トップページ | 町田尾根緑道さくらめぐり »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造