« マヤ音楽と早稲田散歩 | トップページ | 森美術館・会田誠展 »

2013年2月 6日 (水)

妙心寺退蔵院の村林由貴襖絵展

日本橋の東海東京証券で開催されている村林由貴さんの襖絵展を見て来ました。

これは京都・妙心寺退蔵院の襖絵となるもので、副住職の松山大耕さんが発案した壮大な
プロジェクトです。
文化財の保護と若手芸術家の育成を目的に行うものです。
現在退蔵院には1600年代の狩野了慶による襖絵が有りますが、損傷が激しく、普段は
取り外して保管しています。

そこで公募によって村林由貴さんを選び、3年間退蔵院に住み込み、修行をしながら絵を
書いて貰います。

ディレクターとして京都造形芸術大学の椿昇教授、技法材料指導者として同大学の
青木芳昭教授、更に製作から完成までを写真に収める写真家、吉田亮人氏などの方々が
プロジェクトに加わります。
すでに村林さんは2011年から約2年、修行と製作に励んできました。

東海東京証券では現在までに製作された習作の襖絵を展示し、併せて製作のための
素材や道具、職人の技なども展示しています。

008  東海東京証券
009  襖絵展のチラシ 絵は「龍と鳳凰」

002  大きなスケッチブック

001 003

004 005

006 007

村林由貴さんは情報デザイン学科卒業で、水墨画は全く経験がなかったようですが、
よほど習作を重ねられたのでしょう、緻密で繊細な絵ですが加えて迫力があります。

以前若手の女性日本画家、田村能理子さんが京都・天龍寺宝厳院本堂の襖絵を描き、
それを高島屋で見ましたが、田村さんはすでに実績があり、タムラレッドと言われる赤を
基調とした独特の宗教的な絵でした。

2013年秋の完成を目指しているようですが、禅宗もお寺も水墨画も全く未知だった
村林由貴さんがこれからどのように成長してゆかれ、どんなに素晴らしい襖絵を
描き上げられるのかと大変期待しています。

 東海東京証券   中央区日本橋3-6-2
             Tel  0120-746-104
             2月17日まで  無料

« マヤ音楽と早稲田散歩 | トップページ | 森美術館・会田誠展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙心寺退蔵院の村林由貴襖絵展:

« マヤ音楽と早稲田散歩 | トップページ | 森美術館・会田誠展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造