« 鈴木雅明さんのチェンバロを聴きました | トップページ | 東京駅を見て来ました »

2012年10月 5日 (金)

楊州周延没後100年展・後期

先日、川崎の砂子の里資料館に「楊州周延没後100年」展・後期を見て来ました。

今回も真美人シリーズの素晴らしい女性の絵と前期の千代田之大奥に代わり、
千代田之御表の鮮やかな絵です。
Photo_6
千代田之御表は「山王祭礼上覧」や「芝増上寺初御成ノ図」、「馬揃」などの
豪華絢爛な絵です。
「山王祭礼上覧」では賑やかな旗指物を持った行列に大きな象が加わっています。
「芝増上寺初御成ノ図」では、本堂の門が緻密に豪華に鮮やかに描かれています。
「馬揃」では馬に乗る武者と従者が堂々と鮮やかに描かれています。
真美人シリーズの絵も特に赤の色が鮮やかなので聞いてみますと、楊州周延は
岩絵の具などの日本画の絵の具だけでなく、西洋画の絵の具も使ったので
色が濃く鮮やかなんだそうです。
大判三枚続も沢山有り、中には大判六枚続も有りました。
この展覧会は10月20日まで開かれています。無料です。
   川崎・砂子の里資料館
       川崎市川崎区砂子1-4-10
          Tel 044-222-0310
       京急川崎駅より徒歩2分
Photo_7

« 鈴木雅明さんのチェンバロを聴きました | トップページ | 東京駅を見て来ました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

暇を見つけて、
川崎散策したいですね。

何時もコメント有難う!!

kamoi70さん コメント有難うございます。

川崎もお大師さんや競馬場など賑やかですよ。
11月にはモントルージャズフェスティバルが開催されます。

又寄せてもらいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楊州周延没後100年展・後期:

« 鈴木雅明さんのチェンバロを聴きました | トップページ | 東京駅を見て来ました »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造