« 楊州周延没後100年展・後期 | トップページ | シャルダン展 »

2012年10月13日 (土)

東京駅を見て来ました

10月8日に東京駅を見て来ました。

東京駅(丸の内)は1914年、辰野金吾により赤レンガの駅舎として創建されましたが、
約100年を経て10月1日に新しく南北にドームを持つ赤レンガ駅舎に 復元されました。
祝日なので大勢の人が見に来ていました。
重厚な駅舎の写真を撮る人でいっぱいです。
011_2
南口のドームに入ると中はホテルのエントランスのようです。
ドームの天井には鷲の彫刻があり、八角形の壁には方位を表す干支のレリーフが
あります。
白い柱に淡い黄色の壁、黄土色の天上に茶色のライン、花の彫刻もあります。
壁には駅舎を復元するまでの映像も映されています。
013
なかなか短い時間では見つくせません。
ステーションホテルも重厚な造りですが、肝心のレストランは長蛇の列です。
今回はレストランはあきらめ、次回にステーションギャラリーと併せて楽しむ事に
しました。
駅構内には通路や壁に歴史の痕跡が残っているそうですし、5,6番腺ホームには
古代ギリシャ風の装飾が有る柱が何本か有るようなので、東京駅の散策はまだまだ
楽しめそうです。

« 楊州周延没後100年展・後期 | トップページ | シャルダン展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログ見せてもらいました。
面白そうなところに色々行ってるね。

東京駅もいいなあ。行ってみたい。

遅れましたが、誕生日おめでとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅を見て来ました:

« 楊州周延没後100年展・後期 | トップページ | シャルダン展 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造