« 南極・北極科学館 | トップページ | 巾着田と檜原村二滝めぐり »

2012年9月17日 (月)

鮭のカルトッチョに挑戦

鮭のカルトッチョに挑戦してみました。


先日、友人が北海道で鮭を釣り、その内の一本を冷凍して送ってくれました。

のこぎりをきれいに洗って、冷凍庫に保管していた約80センチの鮭を三つに切り、

今回は尻尾の部分を使いました。

ボウルに立てかけた鮭に流水を流して解凍し、ウロコを取って骨ごとぶつ切りにして

六切れに分けました。

鮭は塩、コショウで下味をつけて、フライパンで皮の部分から順に全体を焼きます。

この時、オリーブ油が少なかったのか、皮がフライパンにくっつき、身から殆ど

剥がれてしまいましたが、その皮も良く焼いておきます。


鮭を焼いた油で、シメジ、シイタケを炒めます。

この時、フライパンに蓋をすれば早く、柔らかく炒める事ができます。


アルミホイルに鮭と皮を置き、その上に炒めたキノコとアサリ、ドライトマトを載せ、

オレガノと白ワインをふって全体を包みます。

これを200度に予熱しておいたオーブンに入れて10分焼きます。

オーブンから出し、ホイルを開けてみると見た目は良くないのですが、

秋らしい、さわやかな、美味しい鮭のカルトッチョが出来上がりました。

白ワインとの相性も抜群です。

鮭はさっぱりしていますが、キノコとアサリはしっかりした旨みがあります。

まだ鮭の脂が少ないので、鮭にマヨネーズをかけても良いかもしれません。


これで私の料理のレパートリーがカレーライス、ポトフに加えて3品になりました。

(今回は家内に助けてもらいましたが)

料理の写真が無いのは寂しいので、フリーペーパーに掲載されていた日高シェフの

鮭のカルトッチョをカメラで写して載せます。

Photo_2


« 南極・北極科学館 | トップページ | 巾着田と檜原村二滝めぐり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな料理ですね!
楽しい食卓が目に浮かびます。
私もご馳走になりたいなぁ…(*^ω^*)

もぐもぐさん

返事が遅くなってすみません。
又、何か料理に挑戦したらブログに載せます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮭のカルトッチョに挑戦:

« 南極・北極科学館 | トップページ | 巾着田と檜原村二滝めぐり »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造