« ときがわ町慈光寺参拝 | トップページ | 鮭のカルトッチョに挑戦 »

2012年9月14日 (金)

南極・北極科学館

東京都立川市の南極・北極科学館をのぞいてきました。

JR立川駅から多摩モノレールに乗り、高松駅で降りて約10分で南極・北極科学館です。

011  南極・北極科学館

この施設は国立極地研究所が平成22年7月に開設しました。

   国立極地研究所 南極・北極科学館
          東京都立川市緑町10-3
             Tel 042-512-0910

南極の面積は約1300万平方キロメートルもあり、日本の36倍です。

南極については、アメリカ、ロシア、日本、フランス、ノルウエーなど12ヶ国が

南極条約を採択し、1961年に発効しました。

内容は、南極の軍事利用禁止、科学的調査の自由、領土権を主張しないなどで、

2010年には条約加盟国が48ヶ国となり、これにより護られています。


南極の氷の厚さは最大4776Mもあります。

入り口すぐの所に南極の氷があり、ボックスに手を入れて冷たい氷を

触る事ができます。

013  南極の氷

壁際には氷床の掘削ドリルが展示してあり、円柱状の氷を採取しますが、

2007年には深さ約3035Mの氷を掘り出すことに成功しました。

約72万年前のサンプルで、過去の気候や環境が観察できます。


南極に生息するアザラシやペンギン、キツネなどの剥製もあります。

ナンキョクオキアミは大きいものでも6センチくらいですが、総量は

約10数億トンにもなる膨大なもので、ペンギン、アザラシ、イカ、魚類、

鯨など、南極に生きる生物の多くが主食にしています。

南極にもタコが居ますが、面白いのは足の吸盤が一列しかありません。

又、コオリウオと言う白い血の魚が居ます。ヘモグロビンが無いと言う事です。


隕石の展示コーナーでは月の隕石や火星の隕石もあります。

日本が全世界の3分の1、約16800個の隕石を発見しました。

月の隕石と火星の隕石
016  017

最後にオーロラシアターで12分間の映像を見ました。

この日は9月3日に南極で撮影したばかりのオーロラが見られました。

緑色のきれいなオーロラの他に珍しい赤色のカーテンも広がり、

最後にオーロラ爆発と言うのでしょうか、緑のカーテンが全天を覆いつくしました。

019  2011年7月のオーロラ映像を展示


 


« ときがわ町慈光寺参拝 | トップページ | 鮭のカルトッチョに挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南極・北極科学館:

« ときがわ町慈光寺参拝 | トップページ | 鮭のカルトッチョに挑戦 »

無料ブログはココログ

座間、海老名

  • 座間ひまわりまつりと海老名泉橋酒造